獅子丸のモノローグ

☆気まぐれ不定期コラム☆

「めんぞう屯田店」の「冷やしボスラーメン」

2017年07月17日 | 麺’s倶楽部


 3連休2日目。
 前日の好天とはうって変わって、突然のゲリラ豪雨に見舞われてしまった札幌周辺。
 庭仕事もできないし、そんな時のランチは、やはり、ラーメンを喰うしかない。
 妻との白熱した協議の結果、「めんぞう屯田店」へ行くことに相成った。


 12時58分に、我々夫妻+長女は、そこの暖簾をくぐった。
 店内は大変賑わっており、満員御礼状態!
 中待合の椅子で、席が空くのを、しばし待つことに。


 そして13時18分に、テーブル席に着席。
 メニューはいろいろとあるのだが、基本三味が「税込650円」というのは、きわめて良心的な価格だと思う。
 昨今、札幌でラーメンを喰おうと思えば、ほぼ800円台が主流になりつつある。
 そんな流れの中に、楔を打ち込むこの価格設定には、大拍手である。


 とはいったものの、この日は3連休中日である。
 充実したホリデイを過ごすべく、私と長女は、ちょっと贅沢に、「冷やしボスラーメン」(税込800円)をいただくことに。


 そして13時31分。
 メニュー写真以上にてんこ盛りのそれが、いよいよ供された。


 小林製麺のその麺の、鮮やかなイエロー!
 それが、食欲をぐぐっとそそる。
 その麺のもちプリ感は、見た目通りの素晴らしさである。


 刻みチャーシューに、白髪ネギ。


 そして、人参に、チンゲン菜。
 その色彩感が、夏の午後の鮮やかな思い出となる。


 その冷たいスープは、ごまの芳ばしさと、豆板醤系の辛みと、味噌とが、三味一体となる「まろやか辛い」テイスト!
 いわゆる「担々麺系」のお味だが、その辛さは強すぎず弱すぎずで、まさにど真ん中のストライク


 しかる後に、今度はどんぶりをしっかりと撹拌し、いただいてみる。


 麺と白髪ネギと人参が、そのまろやか辛いスープを引き連れて、私の口中から咽頭を、充実感で歓ばせる。


 エビと半熟煮卵が、これまた嬉しいお昼のプレゼント!


 丼に沈殿した刻みチャーシューをあますことなくいただくため、スープは当然ながら、完飲。


 そして13時44分、完食に至りました。
 そのお味といいボリュームといい、800円という価格は決して高くないどころか、むしろ抜群のCPだ。
 この夏、がっつりと暑い日に、もう一度いただいてみたい(^^)

 



 ちなみに妻が食していたのは、私がこのお店で最も愛するメニューである「屯田味噌ラーメン」(650円)。
 この味噌味が、まさに「モルトの旨さ」なのだ。
 ああ、これも、遠くない将来に、また喰ってしまいたい・・・
 自分でこの記事を書きながら、なんだか腹が減ってきてしまった(^^;

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3連休初日は、一家でSAWAYA。 | トップ | サンピアザ水族館&ロイン亭 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。