獅子丸のモノローグ

☆気まぐれ不定期コラム☆

JRで日帰りぷらり旅 日帰り網走流氷観光

2017年02月13日 | グルメ&観光




 2月11日土曜日。
 妻の企画により、一家4人で「JRで日帰りぷらり旅 日帰り網走流氷観光」へと出かけた。


 それは、「札幌⇔網走 JR往復券」と「網走流氷観光破氷船おーろら乗船券」がセットになったプランなのだ。
 「札幌~網走間の往復日帰り」というのは、私も50年弱の人生において、未体験ゾーンである。
 私は、これはかなりハードなスケジュールになるのだろうと、想像し、武者震いしていた。



 6時45分。
 まずは札幌駅構内の「弁菜亭」にて、朝食用としての駅弁を物色。


 オホーツクへの旅立ちに向けて気分が高揚していた私は、ほとんど迷うことなく、「特別企画 札幌駅弁 よくばり膳」をチョイス。
 これは、札幌駅の人気4大駅弁である「石狩鮭めし」「海鮮えぞ賞味」「知床とりめし」「ひぐまの笹寿司」が四味一体となっている、欲ばりな私にうってつけの駅弁なのだ。







 そして我々一家は、7時21分発の網走行き「特急オホーツク1号」に、駅弁と夢を抱えて、乗り込んだのである。



 7時28分。
 列車も無事発車し、気分も落ち着いたので、「札幌駅弁よくばり膳」を、おごそかにいただくことに。


 左上:鮭のほぐし身+錦糸卵+いくらがキャッチ―な、「石狩鮭めし」。
 左下:北海道の雄大な自然環境で育てられた「知床どり」使用の、「知床とりめし」。
 右下:カニ・イクラ・ウニという蝦夷を代表する海の幸が三つ巴となった、「海鮮えぞ賞味」。
 

 そしてこちらは、「ひぐまの笹寿司」の「厚切りサーモン」


 そして、同じく「鰊親子」である。

 さて、この「札幌駅弁よくばり膳」。
 4種の弁当のそれぞれの良さを味わうことはできたものの・・・
 なんというか、たとえば「石狩鮭めし」を喰うと、それをもっと目いっぱい喰いたくなってしまうし、「知床とりめし」「海鮮えぞ賞味」「ひぐまの笹寿司」も然りである。
 そこはかとなく、「4種の駅弁の試食をした」といった、風情。
 なので、「美味しかったけれど、喰い足りない感が残ってしまう」という、微妙な感じであった。
 次回駅弁をいただくときは、今回の「4種の駅弁のうちどれかひとつ」に的を絞って、それをしっかりといただいてみたいと思う。そして、その方が、きっとシアワセを感じることができるハズだ。

 

 特急オホーツク1号は、順調に走った。
 8時08分。車窓から「暑寒別岳」を望む。
 そして午前9時には、旭川を通過。
 旭川までは、本当に速く感じられ、札幌~旭川間がJRだとほぼ1時間半で着いてしまうという事実に、あらためて驚愕した。



 だがしかし。
 旭川を過ぎて、石北本線に入ってからが、けっこう長かった(^^;
 この時季の風景は、ほぼ白と黒で単調だし・・・
 なにかヒグマとかオジロワシとか変わった動物でも発見できれば、退屈しのぎになったのかもしれないですが。
 9時28分に車窓から見えたのは、たぶん「天塩岳」だと、思われます。



 そして12時42分。
 ほぼ定刻通りに、特急オホーツク1号は、網走駅に到着した。





 さて、ちょうどお昼時でもあるし、まずは腹ごしらえすることに。
 駅を出て、左手方向に歩くこと、数分。


 12時58分に、「廻転寿し かに源 網走店」に、到着。
 港町の回転ずしは、あなどれないウマさであることを、我々夫妻は、経験上知っている。


 入店し、席につくやいなや、「サービスです!」と、なんと人数分の「お吸い物」が、供された。
 なんとも嬉しいサプライズに、網走日帰り観光は、のっけから好スタートの予感である。


 湯呑みに描かれたカニさんのイラストが、なんとも愛らしい。




 「廻転寿し」と看板にはあるものの、このお店。
 実際には、すし皿は、ひとつも回っていない。
 基本的には、紙にオーダーを書きこんで渡す「注文制」である。
 価格のリーズナブルさもさることながら、やはりネタは「オホーツク感たっぷり」である(^^)


 まずは、「かにみそ」から。
 濃厚ながらも、決してしつこくない、まさにそれはモルトの味わい。


 そして、「たこわさび」!
 ぷりっとつるんと、潮のかほりが、口中に拡がる。












 女性陣は、「いくら」「ねぎとろ」「サーモン」「まぐろ」「やりいか」「えんがわ」等、おのおのが喰いたいものを、順次オーダーしていた。




 私は、メインディッシュとして、まずは「ぜいたくミニ海鮮」を、チョイス。


 そして汁物として、やはりオホーツク名物の「かに汁」を、いただかないワケにはいきますまい。




 それは、アブラガニやズワイカニのダシが抽出され、極めて美味。
 加えて、それらカニの身も、しっかりとプリインストール!
 

 キラキラとかがやく「ほたて」は、ぷりっと甘く、きゅっとした歯応え。
 私が物心ついてから味わったホタテのうちで、まさしくBESTであった。
 これ、ホント。


 「牡蠣」も、スッキリと雑味なく、まさに「潮」の味わい!


 「かにのふんどし」も、見逃せない逸品。


 馬肉食推進派の私は、「霜降り馬トロ」で、ここでの〆とした。


 次女がデサートとしてチョイスしたのは PA≒パイナップルである。


 13時47分。
 一家4人で、喰いも喰ったり32皿!
 じつにシアワセな、ランチタイムでありました。



 さて。次の目的地に向かうため、我々一家はタクシーを拾いに、網走駅へととんぼ返り。
 その道すがら。
 13時52分に、道路沿いのガソリンスタンドで見つけたのが、ドラえもん&ピカチュウの雪像である。





 網走駅から、タクシーで走ること数分。
 「道の駅 流氷街道網走」に到着したのは、14時であった。


 この道の駅はすなわち「網走流氷観光破氷船 おーろら」の、発着港なのだ。
 出航時間は15時30分。
 やや時間があったので、道の駅内部を探索することに。


 網走が「海の幸の宝庫」であるということを、この「お魚カレンダー」により学習し、そして我々は体感した。


 2階飲食コーナーのメニューである「オホーツク網走ザンギ丼」「千貝柱塩ラーメン」「かに飯」「牛トロ丼」は、いずれも極めて魅力的!
 この日は回転ずしで満腹だったため、喰うことは叶わなかったが・・・
 今度網走を訪れることがあったなら、これらのうちどれかを、食してみたい。



 この船が、我々一家が乗船予定の「おーろら」である。
 

 15時に入船。
 バケツに入った本物の流氷が、展示されていた。
 触ると、当たり前だが、氷の冷たさ!
 舐めるとどんな味がするのか、じつに興味深かったのだが、もう若者ではない私は、その行為については、思い留まった。


 船内では、限定販売の「和牛肉まん」なるものが、売られていた。
 1個300円というその価格に、一瞬躊躇したものの、「限定」というフレーズにからっきし弱い私は、やや逡巡しつつも、購入。 


 「あん」に入れられた和牛は、しっかり歯ごたえがあり、咀嚼すると、じゅわっとビーフ由来の甘味が、口中をしっとり潤す!
 旅先で気が緩んでいたとはいえ、この肉まんに300円と言う大枚を費やしたことに、まったく後悔は無い。
 機会があれば、また喰いたいと思う。これ、ホント。


 肉まんをほおばっているうちに、砕氷船おーろらは、流氷の浮かぶポイントへと、辿り着いた。


 いやはや、この風景は、まるで自分が北極か南極に辿りついたのではないかと、そんな気分になってしまう。
 流氷ポイントでは、外気も、なにかすぅーっと冷えたかのように、鼻腔を冷却させてくれるのだ。


 砕氷船の軌跡のエメラルドグリーンと、流氷のスノーホワイトとの、コントラストが、美しい。




 流氷に感動していた私たちの前に、海猫くんがやってきて、目の前に降り立った。
 海猫をこんなに至近距離で見るのは、生まれてはじめてのことである。
 その眼光は鋭いが、人間に攻撃を仕掛けるような気配は無く、なにかを辛抱強く待っているかのような表情。
 おそらくは、人間がなにかエサをくれるのを、期待していたのでありましょう。
 



 船の軌跡で白い氷が割れ、海水のエメラルドグリーンと溶けあっていく。
 流氷っていうのは、ただそれを観るだけでも、なんだか非常に面白い!
 当初の想像を遥かに上回る、エクセレントかつインプレッシヴな体験に、私は感動のオーラに包まれる。


 航海中、「おーろら2号」とも、遭遇。
 乗船していた人間同士、大きく手を振り合って、この感動を分かち合う。






 16時18分、「おーろら」、無事帰還。
 流氷破砕船乗船は、想像を遥かに越える面白さだった。
 今回のプチ旅を企画立案した妻に、激しく感謝である。

 

 そして16時32分。
 「道の駅 流氷街道網走」からタクシーに乗り、JR網走駅に到着。
 流氷破氷船乗場⇔JR網走駅間にはバスも出ているが、成人4名ならば、タクシーを使った方が時間の融通は効くし、料金的にもむしろお得かもしれない。
 
 

 17時ちょっと前。
 網走駅構内の「(株)モリヤ商店」にて、夕食としての駅弁「かにめし弁当」を購入。






 そして17時18分発の札幌行オホーツク8号に、我々一家は乗り込んだのであった。


 駅のそばのローソンで、缶ビール&おつまみを買い込み、札幌までの時間をつぶす。




 「かにめし弁当」に手を付けたのは、18時過ぎ。
 かにの甘みと椎茸のしょっぱさがランデヴーを奏で、きわめて満足のディナーとなった。






 「行きはよいよい、帰りはこわい」とはよく言ったもので、帰りのJR乗車約5時間は、ホント、長かった。
 真っ暗で、風景は何も見えないし・・・
 そんな中。長女は暇つぶしに、愛犬チャロ君の大好きな「ライオンくん」と「ヒツジさん」を。
 「暇人画伯」こと次女は、「幼犬時代&現在のチャロ君」を。
 共に「下書きなしのフリーハンド」で、ボールペンを使用して描いていた。


 
 札幌に到着したのは、22時48分。
 充実していたが、長い一日でもあった(^^;
 だが、日曜日しっかり休んで、月曜の仕事に備えることができるのは、良い。
 当初は無謀かと思った「札幌⇔網走間日帰りの旅」だが、総合的に考えると、これはなかなか良い企画だった。
 実に愉しい「日帰りぷらり旅」であった(^^) 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮭とチーズのミルフィーユ | トップ | 8種混合2017 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日帰りの旅 (道楽パパ)
2017-02-14 05:49:41
大変お疲れ様でした!
滞在時間は限られますが、その分中身の濃い
満喫された旅となりましたね~♪
ご当地での美味い物もタマリませんね(ニヤ)
私なら行きのJRから飲んじゃいます(笑)
Unknown (ネェ2)
2017-02-14 13:34:48
うぉー!網走日帰りとはすご〜い!
家族旅良いですねー。
いつも、1人電車に揺られこの時期網走出張が
あります。昨年は流氷ツアーの中国の団体さんだらけの中、網走までこれじゃ中国にひとり旅のようだとぼやいてました!今日はこれから、飛行機で女満別まで飛び明日から網走、北見に出張でーす!
網走日帰り (獅子丸)
2017-02-14 20:03:30
道楽パパさん、こんばんは!

おっしゃるとおり、ハードスケジュールでしたが、それゆえに濃密な一日でした♪
ただ、駅弁を喰った後の帰りのJRは、実に長く感じられましたネ・・・(^^;
この列車は車内販売が無いので、駅で買い込んだビールを飲み干したあとは、つらかったです(苦笑)
道東への旅 (獅子丸)
2017-02-14 20:27:06
ネェ2さん、こんばんは!

春節を外していたためか、(幸いなことに)列車の中は、実に静かでした・・・
ところで、ネェ2さんは道東方面への出張が多いんですね!
仕事もさることながら、旅行気分で、楽しんじゃってくださいネ♪
Unknown (ゆっきょ)
2017-02-15 18:27:59
獅子丸さん、こんばんは!

『日帰り網走流氷観光』、楽しい旅になってよかったですね(^^)

網走といえば・・・刑務所、高倉健さんの「網走番外地」(観たことはないですが・・・。)しか浮かびませんが、流氷もあったんですね(^_^;)
流氷、面白そうですね。観てみたいです♪
カワイイ海猫くんも♪

札幌から網走までは物凄く遠いのですね!!
北海道の地図を見てビックリしました!
網走はあそこでしたか・・・(笑)
(網走、どこにあるのか知らなかったので。)


暇人画伯さんのお姉さん、長女さんも絵がお上手なのですネ♪

チャロ君、ライオンくん、ヒツジさん、みんなとっても可愛いです(^_-)-☆




日帰りぷらり旅 (獅子丸)
2017-02-15 19:45:53
ゆっきょさん、こんばんは!

札幌⇔網走間は、約330km。
大阪⇔広島間(約280km)よりも、遠いのです!
日帰りの強行軍でしたが、濃密な旅で、楽しかったですヨ(^^)

我が家の娘たちの描いたチャロ君をおほめいただき、ありがとうございます!
手前味噌ながら、なかなか絵心のある娘たちだと、私も感心しております☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。