獅子丸のモノローグ

☆気まぐれ不定期コラム☆

「EBISEN蝦千」の「えびらーめん」

2016年09月16日 | 麺’s倶楽部


 フレンチ・ブルー・ピクニック当日のランチは、アウトレットモール・レラ内の「千歳ラーメン博覧会」でいただくことに。


 12時30分にそこに到着。
 狙い目は「櫻島」か「がんてつ」だったのだが、その両店は行列待ち状態であった。



 なので、比較的空いていた「EBISEN蝦千」で、いただくことに。
 ココは「春一家 三代目 麺宿」の系列店のようだ。


 12時32分。フラッグシップの「えびらーめん」(税込860円)をオーダー。


 12時47分。
 やや長めの待ち時間ながらも、それは供された。
 スープの白・桜エビの赤・小ネギの緑のコントラストが、鮮やかだ。


 まずは麺からいただくのが、私の流儀。
 ストレートな中細麺は、ぱっつんとした歯応えで、「ラーメン」というよりは「中華そば」的な味わい。


 紅く散りばめられた桜エビが、香りとともに食欲をそそる。


 小ネギの緑は目に優しく、全体の色彩バランスを整える。


 桜エビを絡ませて麺を啜るのも、これまた、オツなもの。


 とろりと濃厚なトンコツ系スープは、桜エビと小ネギとの相乗効果で、まるでお好み焼のような様相を呈する。



 加えて、しっとり柔らかなモモチャーシューは、肉好きに嬉しい2枚入り!


 そして、12時54分に、完食。
 税込860円という価格はやや高いとは思うが、胃袋的には、満足。
 決して悪くない、ランチタイムであった。

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« French Blue Picnic 2016(シ... | トップ | エイ(カスベ)の一夜干 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。