口からホラ吹いて空を飛ぶ。

 twitter:shirukozenzai 

夏の夜のお供にどうですか?「夏目友人帳」

2008-07-31 | 漫画

最近は凍らせたヨーグルトがお気に入り。
どーもしるこです。
連日暑いですね。とてもしんどい。
涼をとりたい時には海か?山か?

いやまずは本屋。

その本屋で買って来たのが…

夏目友人帳。夏の夜にゆっくり読みたい妖怪漫画です。
俺もここ何年も少女漫画系は読んでいなかったのですが、こういった良作があるとは。嬉しい驚きです。薦めてくれたminaさん、ありがとう。

世には数多の妖怪漫画、小説、映画とありますが…例を挙げなくても浮かんでくるでしょう?アレとかアレとかアレにアレ…この作品はそのどれよりも多分「優しい」。
それはこの漫画が妖怪を媒介とした、いや、媒介ではないかな、むしろ妖怪もひっくるめた「繫がりと肯定の物語」だからなんですね。
主人公である夏目少年(青年と言った方がいいのかな?)は、その幼少期からの境遇やトラウマで素直に人と接触できませんでした。
それが祖母の育った地とその地方に住む人々、遺品である「友人帳」、更に(おそらく大妖)のニャンコ先生との出会いを切っ掛けにゆっくり、成長していきます。
勿論、そこには様々な妖(あやかし)が彼の前に現れます。
ここで他の妖怪モノなら「戦闘、退治」といった方向に行くのでしょうが、彼は基本的に彼等を否定しません。
劇中にはそれこそ結構危険な妖怪も登場するのですが。
更にはそういった妖怪を退治する仕事をする人も現れます。
でもそういった厄介な存在も「できるだけ穏便に」終わらせようと彼は頑張るのです。
それは彼が「見える」「話せる」が故に、彼を受け入れてくれた穏やかな周りの人々と同様に「彼等」を受け入れたいと彼が願うから。
虐げられる者の痛みを知っているからこそ、彼は彼等の在りようを否定しないのでしょう。
そして彼等も。

「ここに居ていい」「存在していい」「頼ってもいい」

赦される、肯定してくれる、認めてもらえる。これはとても身近な事でありながらとても大変で驚くべき事。
小さな頃「独りで生きたい」と願った少年は、存在自体があいまいな彼等と心を通わせる事で他者を受け入れる余裕が生まれてきました。
そして彼等も。
彼等妖怪も夏目少年を頼る事で、小さな願いと自らの在り方を考えます。

小さな祠の神様は(多分やりようはあったと思うけど)最後まで参拝してくれたお婆さんが亡くなるのと一緒に消える事を選び、

燕の妖怪、蛍の妖怪は想い人にただ、出会う事を望み、

そして森の守り神だった妖は、悪霊となったもう一対の相方を取り戻したいと願います。

だけども人間とは比較にならない程生きる彼等に、「永過ぎる時間」はとても非情です。
それでもそれら「小さな願い」はその小ささ故に純粋で、純粋が故に存在意義となる本質足り得るのです。
それは多分あらゆる存在に宿る生命の、深く静かな祈り。

   「feel visible matter-目に見えるものを感じよ-」
   「feel invisible matter-目に見えぬものを感じよ-」
   「there is life everywhere-いたるところに命は存在する-」
              (RADIANT SILVERGUN/TRESURE/1998~)

ともあれ、夏目少年の穏やかで暖かな…時に緊張感ある…生活は続きます。

あ、そうそう、余談ではあるのですが、アニメの出来も凄く素敵ですね。
漫画を読んだ時「静かな物語だよな」と思って、あまり具体的に「音」がイメージ出来なかったのですが、アニメの演出もBGMをでしゃばらない様にして、空間と間をとても大事にしていてすっきりした画面になっていて。
とても丁寧に作っている印象でとても良かったです。
ニャンコ先生の声がどうしてもチェリー(錯乱坊/うる星やつら)に聞こえてしまって笑いを堪えられないのですが(笑)。
これはDVD欲しいなあ……


夏目友人帳、お奨めです。
夏の夜のお供にいかがですか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近況 | トップ | 休み欲しス(´・ω・`) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うぉぉおおお! (mina)
2008-07-31 20:48:31
ちょっ…
しるこさん…アンタなんていい文章書くんだ!
ちゃんと読んでる人の感想だよね、しかもそれを文章に出来るなんてすごすぎる。
私なぞ頭の中では色々考えてんだけど、それが文章にならない。
うっかり口を開けば腐女子丸出し。
なんなんだ、頭の中で考えてる事とキーボードに打ち込む言葉が違ってるよ?
なんかどっかのチューニングいかれてんじゃないの?
軽くたたいて直してください、もしくは向きを調整してください(アンテナかよ)

夏目友人帳って、しるこさんのおっしゃるとおり静かな漫画だと思います。
「さあぁー」っと風が流れていくような音とか、降り始めたばかりの雨粒のような音とか。
とても穏やかな空気の中で、突然チリンと鈴が鳴るような。
不思議で、居心地のいい漫画です。
んーまあね。 (汁粉善哉)
2008-08-01 06:05:48
ごめんなさい。褒められた時なんてどんな顔すればいいか、わからないの(CV:林原)

感想の為に読み込みました!
感想の為に読み込みました!
大事な事なので2回言いました!
>頭の中~
いや俺も違うよ。仕事してる時でも頭の中で色々考えるけど文章化すると変わってくるからね~
主におっぱいとか。
んーまあ…時間かけて書いたからねえ…
アンテナはそのままでもいいんじゃね?電波もアナログからデジタルに変わるし。好きに受信するがいいさ!

アニメいいよね。これはちゃんとDVDで欲しい。ブルーレイで出れば最高だけどプレーヤー持って無いんだよなあ。

ではではコメントどうもありがとう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
夏目友人帳アニメ4話 (ハチラボ)
夏目友人帳4話「時雨と少女」 はぁ…時雨さまの声かっこよかった… やっぱり声が付くのっていいものですよね、イメージとぜんぜん違っちゃ...