口からホラ吹いて空を飛ぶ。

 twitter:shirukozenzai 

最終話 帰還 今週のこわしや我聞!!!!

2005-11-22 | 藤木俊関係
サンデー読了。
いい最終回でした。

対真芝戦からのエピローグ。
最後に「いつもの」明るいノリが戻ってきました。
とてもいい最終回だったと思います。

工具楽家へ帰った我聞達を迎える兄弟達。
サイレントで表現されています。オーソドックスな表現かもしれませんが、
「これしかない」
表現だと思います。
直接行動できる我聞や國生さんより、実は一番不安な思いをしていたのはこの兄弟達なのかもしれません。
待つ事しかできない。
とても切なく、辛い事です。
3人が3人とも普段は「いつもと変わらず」振舞っている。他の兄弟、特に我聞に対しては”支えてもらう一方で、できるだけ負担をかけたくない”姿が見て取れます。
6~7巻において、一度父親の奪還に我聞が失敗してもそれを責める様子はありません。
それでも兄を信じて待ち続けて、ようやく……!
我聞に負けず劣らず、とても強い兄弟達です。

歳をとると涙腺が弱くなっていけません(照)


さて2週間後。
親父二人は真芝の残党狩りに出発します。
工具楽屋の社長も正式に引き継ぎです。
そこまではいい。そこまでは。



やってくれたぜ藤木俊!!!ちょwwwwおまwwwww



國生パパの衝撃発言!!!
「陽菜を嫁に貰ってほしい」

な、何ィィィィーーーーーー!!!!!

そりゃないっスよ藤木先生!このネタ最終回のネタじゃねーーーって!
朴念仁を無理やり自覚させるこの発言!
この二人は「これで終わり」じゃなくてむしろ
「ここが始まり」
じゃないですか!!
言われた二人も否定しない!二人とも照れまくり!!
もう描かれない物語で「これ」は読者をず~~~~~っと煩悶とさせ続けるのですか?いや、これは「外伝を待て」という事なのか~~~~!?

そしてさらに驚いたのが我也親父。
「陽菜はオレにとっても娘同然!!娘がほしくばこのオレを倒してからにせいやーーー!!」
ぼ、帽子が!!ま、前髪が!!


     志村ーーー、前髪ーーー!前髪ーーー!


そうか、いつもテンガロンハットを被ってたのはそういう事だったのか……。
辻原さんの過去話でも被ってたもんなあ……。
被ってたから「薄くなった」のか、
薄くなったから「被ってた」のか。
これを見て”将来我聞もあんな風に……”なんて思ってはいけないよ!
日常に戻った途端、最終回にしてこのノリ。

やっぱり勿体無いよなあ。
来週からサンデーに載らない、というのがなんだかまだピンと来ません。

最後のページも國生さんの柔らかな笑顔と我聞の快活な返事で閉められました。
これにて「こわしや我聞」一貫の終わりでございます。



改めて、藤木先生、お疲れ様でした。我聞を読むのが毎週の楽しみの一つでした。
楽しみが一つ減るのは寂しいけれど。
「毎週読めるはず」の物が無くなってしまうのは寂しいけれど。
「祭り」は一旦終わるけれども。
最終巻、(できれば)外伝、そして次回作を楽しみにしております。
その時は「祭り再開!!」と狂喜乱舞したいです。
しばしの休暇をお楽しみ下さい。
「こわしや我聞」を世に送り出してくれて、ありがとうございました!











さて、でも俺としては我聞関係をここで終わらす気は無い訳で。
とりあえず今は「連載終了記念絵」を描いてたりします。今日までに~と思っていたけど間に合わなかった……orz
でもむりやり間に合わせてクオリティー落としたくないし。しょうがないからもう少し時間かけます。開き直り。
それとブログネタもこれからまとめ記事を書きたいです。数回に分けて。
(どの位の人が読んでるか知らないが)乞うご期待。
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デュランダルでなで斬り。マ... | トップ | 国内最高峰のレースがここに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
突貫! (ハチラボ)
真芝会長へ向けて放たれた渾身の一撃─── 國生さんの反仙術によってコントロールされた、我聞の暴走する気。 この凄まじいパワーは真芝会長はおろか外壁までも貫いていく。 も
今週のサンデー、(マガジン、チャンピオンも少し) (駄文とか駄文とか駄文とか)
■サンデー 第52号 ジャぱん 中途半端にびしょびしょだとまずいけど思いっきりやれば おいしい。ってのは結構面白い発想だなと。 っていうかピザの香りカード普通にピザのにおいが