わにの日々-中西部編

在米30年大阪産の普通のおばさんが、アメリカ中西部の街に暮らす日記

貞子vs伽椰子(ネタバレ三昧)

2017-04-14 | 映画・ドラマ
 日曜日がイースターなので会社がおやすみ。ちょっとサスペンスっぽい映画が見たいなと思って、色んな映画感想サイトを検索していたら、「残穢」が面白いらしい。ホラーは苦手な私ですが、まだ明るいし、東野圭吾の推理モノにも超常現象はよく出てくるし、ストーリーに惹かれたので、これ見よう!と、思ったのですが、海外から視聴できるサイトがなかった…orz

 で、同じ「さ」行に並んでた「貞子vs伽椰子」を見てしまいました。サスペンスを探してたはずが、何故かホラーになってますけど、実際に見たら愉快なコメディーでした。貞子に呪われちゃった女子大生役の山本美月さん、伽椰子さんのお宅に呼ばれちゃった女子高生役の玉城ティナちゃんが、とっても可愛かったです。エンディングの、聖飢魔II「呪いでシャナナナ」も、キャッチーな良い曲でした。


プロフェッショナルな通訳さんたちが実にすてき。私も見習いたいものです。

 随分と宣伝には力を入れたようで、映画本編より出来の良いCMが数種、YouTubeで見られます。貞子さんのツイッターvs伽椰子さんと俊雄くんのインスタグラム等の存在だけでも、この映画が制作された価値があると断言して良いでしょう。呪いで世界を明るく、をモットーに、TVがあれば、どこにでもお邪魔する行動派の悪霊・貞子さんに対し、家族の絆を大切にする地縛霊の伽椰子さんの対決は、作中では少ししか描かれず、ここはガッカリ。もっと、がっぷり四つに組んでほしかったです。そして、その結末は、そうきたか~!と。

 そもそもが、親友同士の女子大生、有里と夏美2が無闇と仲良しすぎて怪しいレベルなのに、夏美が貞子に負けたら、今度は有里と女子高生の鈴花が怪しい。そして遂には、貞子と伽椰子が妖しく合体とは、一体どんだけ百合映画なのかと。そして、この世界にはどうやら、警察は存在しないらしい。

 今時、ビデオなんて見る人いなくて、貞子姐さん的に不利なんじゃないかという心配はご無用、夏美はどうせ死ぬなら道連れを増やしてやると、死ぬ前に、呪いのビデオをダビングした映像をネットに流すという暴挙に出ます。これは、貞子姐さん、暫くは大忙しなんじゃ?一人(一体?一霊?)じゃ手に負えなくて、伽椰子さん親子の力を借りることになるのかな?地縛霊なのに、貞子さんみたいな出張サービスできるのかしら?

 始球式やったり、貞子キティに伽椰子ミミィとか、もう既に、国民的アイドルのお二人なので、まさかのコンビ(+1)結成で、今後共、大活躍してくださると思います。次作は「貞子+伽椰子」でいかが?

 
私のお気には左下の伽椰子さんかな。いらんけど
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜日は美術館に行こう | トップ | SING/シング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL