わにの日々-アラフィフ編

アメリカ中西部の小さな街に暮らしている、大阪産の普通のおばさんの日記

にゃにゃにゃ、ネコノミクスが凄い

2017年02月22日 | 犬と猫
 今日、2月22日は、猫の日なのだそうです、。凄いこじつけって気もするけどwww

 日本では今、空前の猫ブームだそうな。岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」は長寿化しているし、猫グッズや写真集もどんどん増えていて、このブームは、マスコミの煽りなんかじゃなくて本物だと実感できますよね。関西大学 宮本名誉教授の試算によると、2015年の猫ブームによる経済効果は、2兆3千億円以上にもなるそうな。これを人呼んで「ネコノミクス」(元の記事はここから)。


我が家のお猫様、エリーさん

 うちには、犬と猫の両方がいますが、犬に比べて猫は飼い主の負担が小さい。トイレも自分でしてくれるし、場所も取らないし、静かだし。犬は、毎日散歩に連れて行かなきゃなんないのが、ネックだと思います。実際、犬をもう一匹飼うとしたら、一大決心が必要だけど、猫なら増えても別に変わんないか~、と思ってしまう。危険。

 共働き家庭や高齢者家庭でも、コンパニオンとしての猫は、犬に比べて敷居が低いと思います。私の実母も、台所の床板を引剥して保護したにゃーさんを溺愛しておる。

 看板猫のお陰で売上が伸びたというお店も多いそうですが、にゃーさんは実家のパーマ屋さんの看板猫として、愛想を振りまいて…なんてことは全くない。お客様に可愛がられ、チヤホヤされて、わがまま三昧。色々、美味しい物も貢いでもらってるし、母も彼女のためなら金に糸目を付けないんで、しっかりネコノミクスに貢献しています。


下僕を睥睨するにゃー様


 ところで最近、我が家の黒らいよんは、今まで見向きもしなかったネズミの玩具を相手に、深夜の特訓に励んでいます。春になって蛇やらモグラやらが出てきたときに備えて、狩りの練習中なのでしょうか?いいから… そういうの本当にもういいから…orz

母さんの裏庭用スリッパを履いてみるのみゃ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・コンサルタント/The Accountant

2017年02月19日 | 映画・ドラマ
未だかつて、会計士がこんなにかっこいい映画あっただろうか?いや、無い。

 なにやら、日本でも評判が良いらしく、若息子も勧めるんで、Google Playの映画一本無料クーポン使って観ました。表の顔は、高機能アスペルガーだけど腕利きの会計士、裏は心理戦の専門家で、自分がサイコパスな父親の「障害があっても自分の面倒を見れるように」との意思で、武術、銃機器の訓練を受けた暗殺者のクリス・ウルフ。

 イマイチ、数字に滅法強いアスペな会計士という設定が、暗殺者としてのスキルと上手く繋がっていない気がしましたが、優れたスナイパーであることが、人並み外れた空間に知力によるものとか、暗黒街の裏帳簿を仕切っていたり、自分と弟を捨てた母親の葬式での振舞いは、罪悪感というものが欠如しているから、なのでしょうか?

 色々、詰め込みすぎという気もしましたが、いかにも続編を意識したようなラストシーンや、まだ謎を残したままの設定は、これは紹介編だから、で良いのかしら?ジェイソン・ボーン・シリーズを有するお友達に、「シリーズ物一つキープしとくの、マジおすすめ」ってアドバイスされたんかな?過去に何度も役者の変わってるバットマンより、こっちのが安全牌w 特殊訓練を受けた強くて非常、クールで賢い主人公が活躍するシリアス路線のアクション映画ですが、ボーン・シリーズとはネタも設定もかぶってない。ちゃんと棲み分けできてる。お見事。 



 それにベンさん、バットマンしてるより、アスペな会計士の方が似合ってると思います。監督としても脚本家としても定評のある実力派ではありますが、演技はそれほどうまくないと思うので(ごめん)、感情欠如な役がはまっているのではないかと。「ゴーン・ガール」の時の、マヌケ面夫も良かったけど、メガネかけると、一気に知性派に見える。死んだ魚のような目が、更に役柄にはまってる。

 主人公はアスペルガーのはずなのに、普通にアイコンタクトしてたり、ちょっと「?」な場面もありましたが、農場で死体を量産しておきながら、オーナー夫妻に「じゃ」とかって、ちょっと手を降って、そのまま放置して行ってしまう辺りは、空気が全く読めなくて良いと思いました(褒めてます)。


以下、ちょっとネタバレ


 大人になってからは弟のことに全く触れられないので、かえって敵方のボスが弟だと予想がついちゃいました。折角だから、ケイシー・アフレックが演ればよいのに、と、思ったけど、それはやりすぎか?来週また会おう、なんて言ってたから、やっぱ、シリーズ化を狙ってるよね、って、感じ。クリスに指示を与える謎の声が、ジャスティーンだったのは、正直「そうだったのか!」でした。二人で裏稼業で稼いで、あの学校を維持してるのね。

 オリジナルのジャクソン・ポラックが送られてきたのは、デイナ(アナ・ケンドリックかわいいよねv)が、美術学校に行きたかった、って台詞が伏線でしたね。ポーカーをする犬の絵に隠して送ってきたのは、ちゃんと空気を読んでる。ベンさんがでかいので、ちっちゃいアナちゃんとの凸凹コンビが可愛かったです。

 お友達が殺されちゃったよ~、と泣き、沢山の人を救うのが生きがいなんだと言う大企業のオーナー社長、良い人の振りしてたけど、ジョン・リスゴーだしな―、きっと悪役だよなー、と思ったら、その通りで、出てきただけで先か読めるタイプ。ここらで少し、びっくりさせてほしいものですが… 最後まで良い人で、しかも死なないショーン・ビーンとか、実は良い人だったジョン・リスゴーとか、神様かと思ったら普通の人のモーガン・フリーマンとか(?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンゲル係数が示す日本の生活水準低下

2017年02月17日 | ニュース
 日本で、家計のうち、食費に費やす割合が上昇だそうです。2016年のエンゲル係数は、25.8%と、1987年以来の高水準だったとか。2015年と比べては、0.8%アップ。

 高校の頃に習った「エンゲル係数」は、家庭の消費支出全体に占める食費の比率。私が、経済を学ぶ学生だった10年間ほど(www)は、日本は好景気に湧き、エンゲル係数も世界最低水準レベルでした。本当に豊かな時代でした。

 エンゲル係数は戦後ずっと下降傾向にありましたが、2016年の上昇は、天候不順で野菜価格が上がったことや、調理済み食品の支出が増えたからと見られています。 総務省による14~16年の上昇要因分析結果は、「上昇幅1.8ポイントのうち、円安進行などを受けた食料品の価格上昇が半分の0.9ポイント分を占めた。それ以外は、節約志向の強まりによる消費の抑制(0.7ポイント分)▽夫婦共働き世帯や単身高齢者の増加に伴う外食や調理済み食品などへの支出増(0.2ポイント分)」だったって。


ガベージニュースさんからお借りしました。
最新のエンゲル係数推移について詳しく解説なさっています


 私は、キナリノクラシア等の女性向けまとめサイトや、東京ガスのウチコトのような家事のヒント的なサイトが好きで、毎日、数サイトを巡回しますが、100均リメイク、節約レシピ等、お金を余り使わずに楽しもうという人が増えているようです。環境にも優しく、無駄を無くす意味ではポジティブな傾向ですが、節約がもてはやされる背後には、厳しい家計があるのではないかと思います。勿論、お金に困っていなくても、工夫して節約するのが楽しいという人も多いでしょうが。私自身、節約大好きなので、色々なアイデアがネットで豊富に出回っているのは、とても嬉しい。

 所得が上昇しないのに、物価は、円安、悪天候等で上がっていく。共働き家庭が増え、保育園の競争率は上がり、日本の全体的な人口が高齢化して介護の需要が増えているけど、利用可能な老人ホーム等の養護施設も足りない。東京オリンピックはとっても楽しみだし、古くなったインフラの更新のきっかけとして必要だけど、他にもすることがあるのに、とも思います。あ~、豊洲のお金、もったいな~い!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

特大土鍋プリン

2017年02月14日 | 田舎暮らし
 世はバレンタインデー。私の勤めるオフィスにも、パートナーから送られてきたお花を飾る机が多く、とても華やかです。私んとこには、請求書しか送られてこないけどね!

 日本ではすっかり、女性から男性にチョコを渡す日になっていますが、アメリカでは男性側からプレゼントをするのが主流です。贈るのは主に花、そしてエクストラでチョコって感じ。ロマンティックなディナーも定番です。小学校では、クラス全員が、クラス全員にカードを配る、ちゃんと箱に20枚ほどの小さいバレンタインカードはセットになって売っています。その「義理」レベルたるや、日本の義理チョコの比ではない!

こんなん貰ったら、かえって悲しいかもしれない


 バレンタインデーだから、というわけでもないのですが、少しの時間なら立ち続けることが出来るようになったので、自宅療養中に会社の方がおうどんを差し入れた下さった時の土鍋をお返しするにあたって、プリンを作ってみた。


 見えにくいけど、鍋の下に写っている定規は18cmなので、大体の大きさが分かっていただけるでしょうか?

 レシピは、卵を冷蔵庫にあっただけ(8個だったっけ?大きめサイズ)、牛乳を900ccくらい、お砂糖を200g程度、バニラエッセンスを数滴、それに、何しろ大きくて卵だけでは固まりそうになかったので、ゼラチン(お湯100ccくらいに、ゼラチン一袋7gx3パック)。毎度、ロクに計量せずに、いい加減に作っております。卵と牛乳を混ぜてザルで濾して土鍋に注ぎ入れ、バニラエッセンスを適当に振します。大きな土鍋なので、うちで一番大きな中華鍋で湯煎に。結構、シュールな見た目だったので、写真と撮っきゃよかったwww

 少しとろみが付いてきたところで、火を止めてゼラチン液投入。よく混ぜて、冷蔵庫で一晩冷やしました。ちゃんと固まるかどうか心配でしたが、出来上がりは、ゼラチンのせいでプルプルのプッチンプリン風。プリンそのものはお砂糖を控えめなので、カラメル(底に沈んでいます)は、黒砂糖を使って、こくのある味付けにしました。米人さんには甘みが足りないかもしれないので、ホイップクリームを添えて。

 いっぺん作ってみたかった土鍋プリン、しかも特大。達成感あります。余は満足じゃ… お味の方も美味でしたよv
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トランプさん、北朝鮮どうするの?

2017年02月12日 | トランプ
 ちょっと奥様、この頃のわにって、口を開けばトランプの悪口ばかりじゃありませんこと?と、自覚はあるけど止められない、もー、アメリカ脱出したいわたくしにございます。でも、今はアメリカだけじゃなく、世界中が危機にあると思うの。

 兎に角、ロン・ヤスを思い出すような、妙に仲良しアピールのドンとシンゾーですが、こんなトコまでレーガンの真似するの?って穿った見方をしてしまう。で、日米首脳が、ゴルフしたり、ご飯食べたりしている間に、「北朝鮮は、韓国軍によると北朝鮮は12日午前7時55分ごろ、西部の平安北道・亀城から弾道ミサイルを発射した。500キロ以上飛行して日本海に落下したという」と、いうニュースが。

 ゴルフ場から、緊急共同記者会見が行われましたが、このニュースが、日本では深夜過ぎの出来事だったとはいえ、ネット上のニュースサイトに現れたのは、随分と時間が経ってからだったのは気にかかった。安倍首相は「許しがたい事態」であり、トランプとは「日米同盟をより緊密化して、強化していくことで完全に一致」と声明しましたが、一方のトランプは、「アメリカは、偉大な同盟国である日本と100%共にある」という一言だけで、具体案も何もなく、単なるリップサービスのような

 だいたい、選挙中には、「日本が攻撃されたら米国は助けに行かなければならないが、米国が攻撃されても日本は助ける必要がない」とか、「米国は日本などを防衛しているが、日本はその経費を支払っていない」とか言ってた人ですよ?ホントは日本は、条約の義務以上の在日米軍駐留経費を負担してるんですけどね。それに何よりトランプは、外交とか全く興味も示していないし、あー、もー、かったるい、他の国のこととか知るかよ、って、内心で思ってそう。

 その割には、自分のフロリダにある別荘やゴルフ場に招待したり、大統領専用機に同乗したりと、異例の厚遇ぶりじゃありませんか?って??移民政策を巡っての欧州先進諸国との退治が必至の今、日本を子分にしといたほうがいいと思ったのかな?いやーん、ジャイアンとスネ夫みたいだ―(><)

  しっかりノセられちゃったのね―

 ドン・アベの移動、ゴルフ、会食中は、メディアをシャットダウンしたのも異例。要は、これはオフィシャルではなくて、個人的なお付合いってことなの?それも、国際的プロトコール的に疑問。公私混同と取られても仕方がないんじゃないかしら?

 First100Daysも過ぎていないのに、次々とほころび始めているトランプ政権。いつ失脚するかも定かで無いトランプと、そんなに仲良くしといて大丈夫??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加