里山・燦のものがたり

瀬戸内海の里山で生息する里山犬・燦(ダルメシアン)の活動
ものがたりです

ジャガイモ掘り

2017年06月17日 | 
二畝ばかりで数は少しずつですが、7種類のジャガイモを植えていました。
ダンシャク、メークイン、トオヤ、キタアカリ、キタムラサキ、インカのめざめ、ノーザンルビーです。

スコップで掘り上げてみると株ごとに大きいのやら小さいのやらで色々あってそこそこ採れました。




今回は新しくトオヤとインカのめざめを植えてみました。
インカのめざめはあまり芋が入っていませんでしたが、トオヤは思ったよりかは大粒が沢山入っていました。

掘った芋は、畝の上で一日乾燥させて置きました。
それからカゴに入れ一輪車で倉庫に運び保存です。

保存ですが、次の三種類は見た目で区別がつきます。


左からノーザンルビー、メークイン、キタムラサキです。

ところが次の四種類は区別をするのが難しそうです。


左からインカのめざめ、ダンシャク、キタアカリ、トオヤです。
インカのめざめは若干色が濃い目で、ダンシャクは色白です。
後は非常によく似ていて分かりませんね。

割と大きめのを7種類揃踏みです。


と言う事で区別が難しい四種類のカゴを用意して保存しておくことにしました。
種芋は休眠期を過ぎてから冷蔵庫で来年まで保存することにします。

話は変わりますが、
「掘った芋」とくれば「いじるな」と連想する人はどの様な人でしょうか。

「掘った芋いじるな」

昔の少年はこれを、「今何時じゃ?」と教わりませんでしたかね。
英語音痴は、これを英米人に喋れは通じると習いました。

「水」は「藁」でしたかね。
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨入り | トップ | 被害 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
多彩 (ルイコ)
2017-06-17 22:12:13
 燦さんのイモ畑はカラフルですね。
初めてとうやを植えてみました。これだ!と確信もってましたがハズレ・・・もう2・3年作れば分別出来るでしょう。
 何だか我が家と同じ竹籠が健在で嬉しくなりました。
昭和の逸品は味わい深くて愛用してます。大事にしましょうね。
燦さんへ (くりまんじゅう)
2017-06-17 22:59:13
す すごい! 私なんて↑で分かるのは赤いじゃがいも
丸いのはダンシャク 長いのはメークイン くらいしか知識が
ないですが 丸いのは何でもかんでもダンシャクではないのですね。
燦さん すごいです 農学博士ねと思っていたら
あら 今度は英語の先生です。私ね英語も成績が
よろしくなかったですが
What time is it now?
はとても懐かしいです。あれれ 綴りが合ってるかな?
アハハ まさに 掘った芋いじるな です。
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-06-18 17:16:58
大豊作ですね。こんなに種類があるんですね。
「掘った芋いじるな」は知りませんでした。少し考えてなるほどでした。
ルイコ さんへ (燦)
2017-06-18 17:53:28
初めて見た時はこれでモザイク模様の絵が描けて里山アートに使えるかなと思って作り出しました。味はそんなに変わりませんが作るのが楽しみと言う事です。
意外なのは、ダンシャク以外は結構大粒なのが出来ると言う事です。手のひら一杯なのも有りました。
トオヤもここでは意外と成績がいいみたいです。

竹籠は少々壊れていますが、ちょっとした野菜を収穫しに行く時には必ずこれを持って行きます。
昔の物は上手く出来ていますね。
プラスチックよりか断然使い勝手がいいですね。ルイコさん処でも大活躍で嬉しいです。
と昭和なオイラも頷けます。
くりまんじゅう さんへ (燦)
2017-06-18 19:43:29
ジャガイモも種類が沢山有りますね。
丸いのは混ぜてしまうと全然分からなくなります。農学博士ってとんでもないです、せいぜい能書く博士位で収めさせて頂きやしょうってね。
我々位なある程度年季の入った人達で無いと分からない言葉でしたね。
拙者も同じ様な年代で御座るかな。
多摩NTの住人 さんへ (燦)
2017-06-18 19:52:25
まだまだ有るとは思いますが、ほんの一部です。色々あって面白いですね。
勿論ジャガイモの花も違います。

先人は中々お洒落な事を考えるものですね。
昔は、喋る聴くが苦手な英語音痴が多かったですね。

最近読んだ本で題名に惹かれて図書館で借りた本で「ララピポ」と言うのが有りました。
内容はエロい本ですが、題名は英語ですが聴けば、或は喋れば成程となりました。
おもっしょいですね。
お〜ジャガイモ一覧( ◠‿◠ ) (onon)
2017-06-19 13:18:38
たくさんできましたね
たくさんの種類、楽しいですよね、いろいろ試したら
来年はデストロイヤーもおすすめですよ
うちも先日掘りましたがやや小さめみたいです
掘った芋いじるな〜なかなかやりますね
onon さんへ (燦)
2017-06-19 16:52:29
デストロイヤーの種芋はあまり見かけませんね。あれば挑戦してみたいと思います。
当地では、今年はビワと一緒で生り年みたいでした。
我が家にしてはビッグサイズが割と沢山ありました。

これはやはり標準語で言わないと通じないんでしょうね。
阿波弁とか讃岐弁では駄目でしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。