里山・燦のものがたり

瀬戸内海の里山で生息する里山犬・燦(ダルメシアン)の活動
ものがたりです

踊りの準備

2017年08月09日 | 
8月12日から15日まで阿波踊りが開催されます。
台風も通り過ぎ被害も無く順調に準備が進んでいる様です。

♪・・・しんまちばしまで、いかんか、こいこい・・・・
唄の囃子言葉にも出て来る新町橋にも提灯が飾られています。




町の中心付近ではあちらこちらに演舞場と言うのが有って、
踊り子(連)達がその演舞場で踊りを披露します。
その新町橋脇にも幾つか演舞場が有ります。


その藍場浜演舞場では最後の仕上げにかかっている様です。


ちょっと近づいて見ますと、
演舞場の両脇には桟敷と呼ばれている観客席が設けられています。
長さは100m位あるでしょうか、ここを踊って行くのはそれこそ、
心ウキウキ、身体もウキウキとハイテンションで気持ちの良いものです。
なんてったって「踊る阿呆」ですからね。


演舞場での踊りはもう何十年も前の事になるでしょうか。
最近は当地のサロンの夏祭りで公民館の中でチョロットお披露目する位です。
今年も踊りましたが、もう少し積極的に地域の人達と踊りを通じて交流する機会が有ればと、
市の社会福祉協議会にサロン行事の出し物として阿波踊りを登録して貰う様に働きかけています。

そこで先ずは、足元を固めてからと久し振りに足袋を買う事にしました。
白足袋は底も厚く地面で踊ってもしっかりしています。

でも外でよりかは公民館の中等で踊る事も多いと思われるので普通の足袋をとネットで探していると、
文楽足袋という色物の足袋が目につきこれは面白いと一足購入しました。



登録されるかどうかは別として、
少し心ウキウキです。

えらいやっちゃえらいこっちゃ、
よいよいよいよい!!
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由観察 | トップ | 親子シーカヤック教室 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ブラ・ニンです)
2017-08-10 01:28:53
お暑うございます
阿波踊りの季節、、、血が騒いでいるのですね
 おはようございま~す(^^)/♪ ( 案山子)
2017-08-10 07:58:46
 懐かしいですぅ♪(*^^*)

 二十数年前 友人のお兄ちゃんちへ民泊

 みる阿呆でした♪

 別の友の結婚披露宴では 親戚連登場!

 大いニッヽ(^o^)丿盛り上がりました♪

 
 踊る阿呆ニッ!(^^)!

 向けての 心踊る日々 いいなぁ‥☆

 ブログで みる阿呆の日を

 楽しみニッ(^ー^)しています‥♪



 
燦さんへ (くりまんじゅう)
2017-08-10 08:54:03
最近BSプレミアムの新日本紀行だったかな阿波踊りを
やっていましたね。それぞれの連の踊り方や歴史に触れ
土佐の鳴子踊りにはない静かな情熱みたいなものを
感じました。こちらは昨夜がよさこいの前夜祭で今日から
本格的なよさこいの踊りが始まります。これが済むと
すぐに阿波踊りがありますね。よさこいを見て次に
阿波踊りを観賞するツアーがあると聞きました。
阿波踊りの季節 (ととろ)
2017-08-10 09:18:58
燦さま、阿波踊り、素敵ですねえ。
鳥追い姿の女性のけだしやうなじの
なんとまあきれいなこと!

四国の知人に招待されて、あの長い道路の見物席で
しっかり見せていただきました。
しんまちばし界隈も懐かしい思い出です。

燦さまも踊られるんですね。女舞もいいけど
男舞も素敵!でもあの爪先立って腰を落とした
姿勢、きついだろうなあ。

>サロン行事として阿波踊りを登録
是非ぜひ!郷土の誇りですもの。皆さんも親しんで
いらっしゃる踊りだし。

足袋といえば、歌舞伎座の近くに足袋の老舗があって、役者さん達の木型があります。役者さんは足袋も足に合わせて特注なんだと最近知りました。

阿波踊り、楽しんで下さい!
季節ですね (ぶちょうほう)
2017-08-10 12:35:22
燦様 こんにちは
この記事に触発されて、阿波おどりをYou Tubeでしばらく見ていました。
阿波おどりは今では全国区になっていますので、本番の時には人がたくさん寄り集まるのでしょうね。

男踊り・・・腰を落として踊るのは結構きつそうですが、あの姿勢で長続きするのでしょうか。
女性の法被おどりは、お色気と言いますか、不思議な雰囲気がありますね。

出来れば現地に行って下手ながらも”踊る阿呆”になってみたいものです。
ブラ・ニンです さんへ (燦)
2017-08-10 16:17:38
暑い時期に熱い踊りで暑さに対抗して来たんですね。
三つ子の魂百までと言いますから、
幼き頃に刷り込まれたよしこののリズムはそう容易くは抜けないみたいです。
案山子 さんへ (燦)
2017-08-10 16:21:42
阿波でのイベントには阿波踊りが付きものですね。
みる阿呆でも十分楽しめたと思いますが、
ここは一つ案山子連でも作って踊りで阿波へ乗り込んでみてはどうでしょうか。
連の提灯は当然案山子の形でね。
くりまんじゅう さんへ (燦)
2017-08-10 16:37:13
昔は暗い町内を三味線だけの流しでゆっくりとねり歩いたりもしていました。
よさこいが現代向きとしたら、阿波踊りは懐かしい町内の踊りでしょうか。
どちらもそれぞれの楽しみ方があって良いですね。
本日からのよさこいも熱気が充満して来ましたね。
ととろ さんへ (燦)
2017-08-10 16:48:03
夜目と遠目笠の内といいますけれども確かに女性の浴衣姿は素敵ですね。
しんまちばし界隈の桟敷で踊りを観られたんですね。今はあの新町川も綺麗になって水の都みたいになって居ます。
女舞の手を下ろさないのもキツイですが、男踊りの地を這う様な姿勢もキツイですね。

何でもそうですが、如何にして力を抜いて持続させるかですね。

昔は踊り時期になると足袋を履いてそのまま玄関を出て踊りに出掛けました。
地面が直接足に伝わる感じは独特でしたね。
思わず笑みがこぼれました。
ぶちょうほう さんへ (燦)
2017-08-10 17:00:35
阿波踊りは、今は舞台で魅せる踊りも披露していて連独自の構成で目を引き付けていますからついつい色んな連の踊りを観たくなり観客を飽きさせないですね。

市内では演舞場も沢山有り、また桟敷だけでなくって普通の閉鎖された道路でも独りでに輪になって踊っていますので、観客も踊る阿呆に変身できます。
手足をぶらぶらさせながらでもにこにこと身体を動かせてそれぞれが楽しんでいるみたいです。

女性の男踊りはやはり男と違って色気が有りますね。

100mの演舞場を全力で踊り通すと死にますが、心ウキウキで行きますと存分に楽しめますので是非お出掛け下さいませ。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事