★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

稲荷大明神を冬訪ねる(香川の神社34-2)

2017-12-15 23:56:12 | 神社仏閣


悲しそうな目をしている

 

狛犬さん、じゃなかった狐さん。



安政五年。



『香川県神社誌』に曰く、

「寛保三年七月二十六日高松藩主松平頼恭の創建にして石清尾八幡神社境内に鎮座せしが、延享元年十二月二十六日中野天満神社舊鎮座地に遷座し藩主より社領十五石を寄進せらる。」

なんと、ここは、中野天満神社があったところなのである。



なんやて!

「代々藩主の崇敬厚く屡参拝あり。三代物語に「今公寛保三年始立 之八幡宮側 延享元年十二月遷 今地社領四石七合置 社人及坐」、高松藩記に「稲荷社十五石」とあり。昭和九年社殿を改築す。」




確かにあったよ改築記念碑。昭和九年十月。

 



なんだか、峰山の方に登る入口みたいです。怖いから引き返します。



境内の植物も怖いです。冬なのに、なんなのこの生き生きとした感じは……



旗に包囲されている稲荷さん。



尻尾がいきなり元気だよ。

この記事をはてなブックマークに追加

石清尾八幡宮を訪ねる7(香川の神社109――薄曇りのお昼編)

2017-12-14 13:45:59 | 神社仏閣


延齢坂という坂からの入り口もあるのであった。ここからは拝殿にショートカットで一気に行けるのである。延齢とかいいながら、ここから車でびゅんと行ってしまったら逆に足腰が弱る気がしないでもないのであるが、気にしないことにする。実際、これからは運動より金があるかないかで死ぬか生きるかが決まる世の中で――。開かれた神社だねえ……。いっそ「氏子中心の神社」とか「地域に貢献、石清尾八幡」とか世間にアピールしてはどうであろう。横の大学は最先端を走っているので、もう学生中心とか地域貢献とかいうミッションインポッシブルを掲げてかなり経つ。おかげでどんどんいろいろなものが下がっておるが……



この神社は、壕まであるな。さすが、開かれていると見せかけて、ちゃんと神域を守っているのである。象牙の塔というものをまねしたに相違ない。

この記事をはてなブックマークに追加

石清尾八幡宮を訪ねる6(香川の神社109――朝に再び編)

2017-12-13 10:06:52 | 神社仏閣


おはようございます。石清尾八幡宮大好きですっ




延宝三年の燈籠

 

朝なので爽やかな狛犬さん。ちなみに、夜の姿は↓

 



神明社。今日は見えている……



若宮神社も見えている……



後ろに万里の長城みたいなものがある。城かっ



神明社の後ろにも神様を発見する。ちゃんと賽銭をあげている人がいるようだ。お金が置いてあった。



ここからの眺めはいいね。



本殿を臨む。





陽が昇ってきたので憂鬱になってきた

 

下から上拝殿をのぞむ





絵馬堂に大正期のものあり。ここには、だいたい記念写真とかスポーツ大会優勝記念の額が多かった。水無神社の方が内容が立派だな……。

    

なんだか碑もたくさんあるんだな……。この前、石碑における文学のテーマみたいな話を博物館でした時に思ったんだが、――文学碑というのはそれ自体あんまり意味はないけど、こういうのもないともっと駄目になりそうだからまあいいかという感じである。いまだに、像とか記念碑とかは政治的な力をかなり持つのも事実である。ネットの言説10000よりも一つの記念碑である。というより、ネットがなくても昔からそうなのであろう。

この記事をはてなブックマークに追加

さぬきいろいろ24

2017-12-12 18:12:28 | 旅行や帰省
さぬきいろいろ24

この記事をはてなブックマークに追加

岡田庵を訪ねる(香川の地蔵27)

2017-12-12 13:45:06 | 神社仏閣


香西東町。本津川のほとり。グーグルの地図には「岡田庵」とでた。





享和元年。



ずらりと並ぶ地蔵さんたち。中間管理職のような顔をしている。


この記事をはてなブックマークに追加

本津恵比須神社を訪ねる(香川の神社144)

2017-12-12 13:31:07 | 神社仏閣
本津恵比寿神社は香西。



一番手前の注連石は明治45年。



鳥居の後ろのものは明治34年。

 

狛犬さん(昭和十四年)。

 

嘉永六年と昭和十五年の燈籠。



拝殿。



「賀茂大明神」とあり。『神社誌』にも「加茂神社」としてあった。

曰く、

「幸在町郷社宇佐神社境外末社。當社古くは恵比須神社と稱へられ往古より當郷に鎮座あり。香西記に、寛文年中一郷一社の命ありて郷内の小祠は悉く郷社に合祀せしが、當社は本津の浦恵比須と稱し、海辺の守護神の由申立てて寄宮とせざりし旨記されたり。明治十六年山王神社・加茂神社(字本津)を、同四十年熊野神社(字香西)を合祀の上、同年十月十五日加茂神社と改稱す。」


もうなんだかシラんが合体を繰り返している神社のようでございます。



もしかして、これは合体の証拠ではあるまいか……



表からは、この碑(皇紀二千六百年改修碑)にかくれておりましたが……。



本殿。



地神さん。(天照大神、忍穂耳尊、瓊瓊杵尊、彦火火出見尊、鸕鷀草葺不合尊)

 

冬空になってきたねえー。センター★試験の季節ですね。

この記事をはてなブックマークに追加

リップヴァンウィンクルの嫁はん、いや花嫁

2017-12-12 12:49:02 | 映画


まあ観とくかという感じで観たら、結構な傑作だった模様の「リップヴァンウィンクルの花嫁」。黒木華は新たな岩井俊二の脳内ミューズといったころであろうが、このひとは「小さなおうち」だったか?のお手伝いさんの印象が強くて、花嫁というより「嫁はん」と言った方がよい感じでイメージしていたが、さすが岩井俊二先生、三時間の黒木さんの大CMを撮った。すごい。

黒木さんを「日本的美人」みたいなくくりで世の中の空気を操作しようとしたそこのあなた

「あなたはん地獄に行きなはれ」


というか、岩井氏の映画の妙なところは、主役の女子がお人形さんみたいに撮られているにもかかわらず、妙に我々観客の鈍くささみたいなみたいなところが奇跡的に美しく出てきたような夢のような感じを体現していることである。この映画の黒木さんも、えーあっ えっと すみません、みたいな反応の人であるのであるが、きわめて我々に似ている。別に「不思議ちゃん」ではない、もっと我々に似ている。えーあっ えっと すみません、というあり方は一種の「世間」への絶望の表現なのであって、それがひょっとすると絶望自体が夢を見ることがあるかもしれないみたいな――そんな感じが我々の自意識に似ているのである。それが、もっと世間を泳ぎ切る自意識の形をとると、黒木さんをだましてCoccoさんに会うように仕向ける綾野剛みたいな詐欺師的キャラクターになる。二人は若い世代の象徴であり、われわれでもある。

だから、いつもこの人の映画は、人々の救済がテーマである。

Coccoが出ていたのもちょっとびっくりしたのであるが、このひとまだちゃんとしてたんだというか、もう行く末を心配するほどの歌声だったので……。この人の役は、ちょっと以前の女の人という感じだろう。この人が、死ぬ前に黒木華にしゃべっていた恐れがすごかった。それは、昔風過ぎてめまいがするほどの、――すなわち、金銭的なやりとりすべてが優しさのやりとりであるという夢である。これはある意味恐ろしいことである。そんなコミュニケーションをとっていたら人は大変だ。彼女がやっているAV女優とかの仕事はできなくなってしまう。一方、彼女は末期ガンなので、最後に黒木さんに優しさを送られて死んでゆくことを選べた。死が夢でもあることがあるのである。

わたくし個人は、この結末はいやだった。

八〇年代に青春時代を送った我々は、このように若い世代に優しく葬送されよと言われている気がしたからである。確かに、黒木華みたいな学生は大学にあふれている。われわれだってそんな感じになりつつある。綾野みたいな男もいそうだ。もっとも、あれほど鋭くはない男も多いので、男版黒木さんみたいな者が多い。

――絶望やら希望やらの混じったお人形さんのふりではないもっと直截な生き方があるはずである。実際、仕事はただするのではなく「いい」仕事をしなきゃならんのだから……

この記事をはてなブックマークに追加

動物昆虫記9

2017-12-12 00:30:53 | 日記
動物昆虫記9

この記事をはてなブックマークに追加

春日神社を訪ねる(香川の神社143)

2017-12-11 18:46:06 | 神社仏閣
庄ノ宮神社のすぐ北側に春日神社がある。結構大きいので、前者の境内社にはみえない。この二社は、楕円の焦点の二つのように……いや、そんな簡単な話ではなかろう。



鳥居は明治33年。



 

狛犬さん(平成3年)。



更に登ってゆくと拝殿が見える。



いい雰囲気である。何か出そうな……

 



天児屋根命。というわけで、春日神社か。この神様は、アマテラスが岩の中からちょっと顔を覗かせた時に、ささっと鏡を出してアマテラスの顔を映したお方。してやったり。アマテラスは自分が人間、いや神だと思ってますが、ただのお天道様なので、自分の顔が鏡に映ってびっくり仰天、岩から出てきてしまったのであった。さすが天児屋根命、反射というものを心得ておる。



拝殿。



本殿。

その横には……



すばらしいオーラを放つ境内社さんたち。

この記事をはてなブックマークに追加

庄ノ宮神社を訪ねる(香川の神社142)

2017-12-11 18:31:30 | 神社仏閣
西春日町。浄願寺山の麓にある。わたくしのイメージでは、こういう山と一体化しているのが神社というかんじである。



畑の中の長い長い参道を登ってくると、



鳥居(嘉永2年)にたどり着く。「八幡宮」とあり。



更に登ってゆく。注連石は昭和8年。

 

階段の最後のところで狛犬さん。(慶応2年)すばらしい顔をしている。中学生の若々しさだ。



左手(南側)にも参道(車用)あり。団地の方から上ってくれるのである。ちょっと行ってみる……





御旅所があるようだ。



天気が悪くなってきた……



高松市を臨みながら、参道を引きかえす。

 

拝殿。



本殿。

由緒書きの碑(郷土史家 市原輝士氏の撰文、昭和54年10月)に曰く、

「本社は、誉田別尊、足仲彦尊、気長足姫尊を祀り、往古奥野鶴尾八幡宮又は庄ノ宮と呼ばれ、現在は山浦神社と号し坂田の郷の鎮守神として、氏子崇敬者より尊崇せらる」


ああっ、鶴尾八幡の奥宮だったかっ

「御当社は創立年月日不詳と雖とも 人皇第五十一代平城天皇の御宇大同三年(西暦八百八年)の勧請と云伝う」

平城天皇と言えば、桓武帝の息子で、薬子の変で出家させられた人である。旧都の平城京が好きだった。

「御創祀されてより今日に至るまで、御神徳の宏大無邊昼夜わかたず御加護下さる。」

アリガタヤー

「室町時代の明應頃、片山志摩鷺田の片山城に住まうにいたりてより、殊に御当社に崇敬篤かりしと云う。江戸時代宝暦四年(西暦一七五四年)の神輿鏡、明和四年(西暦一七六七年)片山勝直奉納の八蓮葉の鏡、今尚在り。」

しかしっ、近代のごたごたで他の神社と同様、寂れ果てていたのであった。どうやら白蟻に食い散らかされていたらしい。

「昭和五十四年老朽の本殿、拝殿を氏子崇敬者一致協力、新しく造営落成す。」

立派な建物たてたね――。

「ここに神縁離るべからざる氏子崇敬者に、氏神と氏子の間に由緒の存することを明にし益々崇敬の念を厚くし、御神徳を拝謝し、悠久の未来まで、庄ノ宮を中心に発展を培はるべく期待するものである。」


最初に「山浦神社」と言ってたけど、戦前の『香川県神社誌』には「山浦神社」で載っておる。



境内社。「社日」とあり。社日というのは、産土神を祀る日のことであるが、碑に社日と書く場合があるのね……



 

さっきの南側の参道には、こんな案内板もあった。

「雨乞之経塚」

「今から一五〇年くらい前、このあたりは雨が降らず、田植えができなくて困っていました。たまたま、おいでていた老僧に雨乞いをたのみました。老僧は、村人に経塚を建てさせ、ご自分は、大槌島と小槌島との中間より小石を採り、半年を費やして、三部経などを一石一字書写し、塚に埋めました。それからは、田植えに困らなくなりました。」


この坊さんすごいぞ、この二つの島は、五色台のあちらにある無人島。どうやって採ってきたのかっ

「橋詰小山共同墓地の一番奥の数本の樹木の下に立派な経塚があります。弘化四年(一八四七年)慈園教正法師と記されています。法師は、仲多度郡の出身で、若年で橋詰の片山家に養子に来て仏道の修行を京都で行い高松浄願寺住職として来任し、その後仏生山法然寺住職になられ、明治四年同年同寺でなくなられました。なお、一九一〇年頃経石を分けて成願寺山の山頂に自然石の安山岩で、「雨乞之経塚」が建てられています。」




こりゃこの山の山頂には何かがあるということであるな……。目の前の巨石も気になるな……。

さて授業に行かねば――この狛犬の心意気で行こう。



この記事をはてなブックマークに追加

ソクラテスと美しい星

2017-12-11 01:49:00 | 思想
飯田隆氏の『新哲学対話』のなかでちょっと気になった点があったので、「ソクラテスの弁明」を読み直してみた。20年前に一応目を通したはずだが、そのときの感想は、「ソクラテスは理路整然としすぎててこわいなあ」であった。しかしそれはわたくしに、民主主義とは無知の知を自覚するプロセスだということを教えたのである。ただ、ソクラテスの弁明はあまりにも無駄がなく、そして、読者たちよ死んだオレを反復せよ、みたいに言っているところもあって、ドストエフスキーみたいに、二十年後にそういえば気がついたわ、みたいな余裕がないようにわたくしには思えた。文学は、読後何十年先のための細部みたいなのが存在する。しかしソクラテスの場合はどうなのであろう……とわたくしは今でも思う。わたくしが結局、哲学じゃなく文学を選んでいるのもそんなところに原因があるかもしれない。わたくしがたぶん哲学のテキストを読む訓練を受けていないせいだろうが……

とおもって、観たのが「美しい星」映画版。



原作の後半、宇宙人同士でたたかわされる論争が、しばしば論じられているが、この映画ではどうかと思って興味深く観た。原作は予備校のときに読んだのでもうほとんど忘れてしまったのであれだが、映画での論争はあまり心に残らなかった。よくよく考えてみたいとろだが、少なくとも、ソクラテスがすごく知的であることは分かった。


この記事をはてなブックマークに追加

生目神社を訪ねる(香川の神社141)

2017-12-10 15:52:56 | 神社仏閣


曹洞宗永平寺祥福寺の入口。ここをどんどこどんどこ行くと神社があるはずである。



ありました。生目神社です。


   
右手は高松市。天下を睥睨できます。



右手の斜面は一面ソーラーパネルになってます。す★ご☆い。

 

案内板に曰く、

「祥福寺鎮守のお社」

お寺を守らされているのか、お寺を守ってやっているのか、どっちだろう

「当社は古来、生目八幡宮(活目ともかく)と称えておりましたが、明治維新にいたって生目神社と改称せられました。」

「改称せられました」ではなく「改称させられました」だろう。気の毒だな

「俗に「いきめ様」とも称されます。」

さすが「俗」の人はわかってる。もう「いきめ様」でいいのに……。ちょっと語感が恐ろしげな感じだし……。


「霊験
 古より眼疾に霊験あらたかなりとして崇敬社の祈念殊に厚く、病気平癒、無病息災、又、眼を開くことより転じて開運の社としても信仰を集める。」

ほんと、日本では「転じ」るものばっかりです。

「神詠
かげ清くてらす生目の水鏡、末の世までもくもらざりけり。」

この神社の本社は、宮崎県の生目神社である。ウィキペディアによれば、

「元祿2年(1689年)3月3日に豊後国日田郡の郡代、池田季隆が参詣し「かげ清く照らす生目の鑑山、末の世までも曇らざりけり」と詠じたところ、「鑑山」を「水鑑」と改め、これを唱える事で霊験が得られようとの神託が下ったため、季隆により「かげ清く照らす生目の水鑑、末の世までも曇らざりけり」と改められ、爾来神詠歌として参詣者に唱えられることとなった」

らしいのである。あやしい……。いずれにせよ、祭神は品陀和気命(応神天皇)と藤原景清。仏生山の生目八幡宮ははっきりと後者だけであった。



後ろにまわってみる。宮崎の本社には、景清が抉ってぶん投げた両目がひっかかかった木があるのであるが、ここにはなかった、というか、なくて良かった。



向こうには、庄の宮神社、あるいは春日神社の鳥居であろうか?

この記事をはてなブックマークに追加

祥福寺の近くのお地蔵さんを訪ねる(香川の地蔵26)

2017-12-10 14:56:09 | 神社仏閣
祥福寺の近くには大きな池がある。

 


 

そのほとりに座っているお地蔵さん。顔のあたりは新しいように見えるが、蓮の下の方に文久三年という文字が見えた。



この記事をはてなブックマークに追加

鶴尾の釈迦堂を訪ねる(香川の地蔵25)

2017-12-10 14:45:57 | 神社仏閣


釈迦堂発見。

案内板には古老の話が書いてある。いつかわからんがとにかく昔々に大きな釈迦堂があって栄えていたが、次第に寂れて雨漏りがするようになってしまった。大雨の時に隣の川に仏具や釈迦仏が流れ出すしまつ。で、そこを「釈迦が淵」とよんでおった。延宝六年に、水難者の供養を目的に地蔵堂を立てたそうな……



☆おまけ★

 

中西小太郎の顕彰碑。碑を読むと、戦前、ある意味がんばった人とわかる。松平伯爵の名前が見えた。

この記事をはてなブックマークに追加

Effects of the Atomic Bomb on Hiroshima and Nagasaki

2017-12-10 01:33:32 | 映画


これ観てなかったので。1946年制作で、GHQに没収されたと言われている映画である。
わたくしだけではないと思うが、こういう記録映画には物語がないのでなんとなく物足りない感じがしないでもない。確かにここには欠けているものがたくさんあるであろうが、われわれが物語に頼りすぎていることを自覚すべきである。本当に最近は陳腐な物語に頼りすぎているのである。ただ、一方で、――このフィルムに音楽をつけたのはいつか、英語のナレーションなどは誰かつけているのかなど、いろいろと疑問はあるのだが――、科学的報告というのが、突然、「不十分な調査だったかもしれないが、人々に希望と光をあたえた」と言いだし、そして「原子力が人類の平和と幸福に使われる日が来る」といった文言で閉められるのは、科学者が素朴だからとは必ずしもいえない。童話が素朴だから道徳を説いてもよいとは必ずしもいえないのと同じようなものである。――かどうかは知らんが……。

この記事をはてなブックマークに追加