★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

我々の人格が失はれ行く過去を掻き集めて現在の一点を突破する所に、真の直観といふものがあるのである。(西田幾多郎)

富江の怖さ

2016-10-19 19:24:34 | 漫画など


そういえば「富江」とか「着信アリ」とか観たことがない。「富江」のマンガは少し読んだことがある。楽しい作品であった。それにしても、楳図かずおによってホラーの定型を与えられている吾々は、普通デッサンの狂いかと思われる絵の部分にホラーを感じるようになっているのかもしれず、「富江」の場合も、最初の方が怖かった。

中学生の頃、ホラーにはまり込む人が多いという話を聞いたが、私はそうでもなかった。むしろ、男子は中学生になるとホラーが本当に怖くなって避けているような気がする。ジェットコースターが怖いのと同じである。
『マンガ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三者面談 | トップ | 笑ってる場合ではないが…… »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL