★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

心 言葉多く  様々になりにける

2017-06-09 23:20:02 | ニュース
今日は、漱石の「第一夜」の演習の続き。頑張れ学生しょくん!



・飲酒事故、不倫相手と披露宴 福岡県警、相次ぐ不祥事

http://www.asahi.com/articles/ASK687FRGK68TIPE03M.html

……タイトルが和歌になってる日本の伝統恐るべし

・英与党過半数割れ、EU離脱影響も メイ首相は続投意向
http://www.asahi.com/articles/ASK6951M2K69UHBI01H.html?iref=comtop_list_int_n04


……よくわからんが、英国って、EU離脱派の誰かが反離脱派の女性議員を殺したあれをちゃんとテロ認定しておかないから、学級崩壊したんじゃないかな……。学級会じゃないのはわかるけどさ、国の経営はさ……。
 EU離脱の選挙も、小泉の時の郵政選挙も、安倍氏が行う選挙も全てそうだし、憲法に絡んで画策されている国民投票もそうだが、――あれかこれかみたいな問題設定は大概、あれとこれが拮抗していることがわかりきっている時に、強引に暴力的にその決着を図ろうとして生じることである。最近の選挙は、その決着を性急に図ろうとする手段になっている。つまり選挙が暴力に見える昨今、テロがそれに応じて増えるのは当然のことだろう。本質的なテロ対策というのは、政治を恐ろしいほど迂遠な話し合いの積み重ねに戻すことだ。スピード感だ特区でサンドボックスで~とか言っているのは、テロを推進しているようなものだ。ただし、その迂遠な話し合いとは、ちゃんとスピード感を以てごまかしを許さないところから始まるのである。一番馬鹿なのは、共謀罪如きでテロが防げると思っている輩である。こんなことは誰でも本当は分かっていることだが、本気のテロは何をしようと絶対に防げない。以前もかいたけど、共謀罪成立の強引さは、むしろテロを誘っているようなものだ。法案自体も通したいが、出来れば強引に通したいのである。怒りを買うほどに。自民党は敵対勢力にテロを起こしてもらいたいのだ、できれば、あさま山荘みたいなのがイイね、と思っているはずである。大阪でつかまった中核派のおじさんのニュースが突然出てきたのはその期待の現れだと思う。あさま山荘は効果あったからねえ……

・教育分野で、なんとか改革が行われる場合は、大概、ある特定の人々を迫害するために、もっとでかい花火を打ち上げてそれを隠蔽するのが常態である。わたくしは、ナチスが戦争をやったのは、ユダヤ人殺しの隠蔽のためではなかったかと疑っている。だいたい、日本だって、日清日露で何を忘れたかと言えば、維新のテロとか民権運動のときのあれだろう。

・ビニール突然破裂「想定外」 内部被曝招いたずさん管理
http://www.asahi.com/articles/ASK675Q1VK67ULBJ011.html?iref=com_rnavi_srank

……この分野について全く知らないのだが、ビニールって結構破けやすいと思うんですけど……

・国会でも「中庸が最善」の精神で 安倍首相
http://www.asahi.com/articles/ASK696HWFK69ULFA032.html?iref=com_latestnews_02

……「イスラムの崇高な精神が、日本人が大切にする他人への敬意、献上精神、和をもって貴しとなす考え方と相通じるからだ」……頭が悪そうな内容はともかく、「献上精神」とはなんだろう。「謙譲精神」かな?いやーこれ、asahi.com の悪意かな……。あまりにもこの首相が間違えそうな間違え方だもんね……。
ジャンル:
速報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖女と魔法少女 | トップ | 火花とでかぷりお »
最近の画像もっと見る

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL