さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

自己とは自分自身に関わる一つの関係である。

じゃぱーん(笑)

2017-05-16 23:30:37 | 思想
・朝、「ワイルドワイルドウエスト」の一場面をメモを取りながら振り返っていたのだが、やっぱりこの映画にみられるような文化は俺たちのものじゃないという感じがした。

・板坂剛がむかし、連合赤軍の霊がXジャパンに乗り移ってるとか言ってたが、確かにそうかもしれない。

・安倍晋三氏が「ジャパンファースト」とか言っていたらしいが、そこは日本語で言って欲しいものだ。わたくしは、
https://www.youtube.com/watch?v=wTRfVkZ3MXE
しか思い浮かばない。籠池なんちゃらもそうだが、頼むから、もう少しまじめに生きて欲しいものだ。政治や教育で遊ぶなよ。学芸会じゃねえんだよ。

・今日、ニュースになっていたセンター入試の改革案。テレビで特に取り上げられていたのは英語だったが、むしろ国語がとんでもない代物で、いったいこの国はどこまで墜落したら気が済むのかと思った。大学入試の国語で、公文書や頭の悪い会話文などをあつかうのがそもそも論外であるが、設問が完全に狂っている。この問題をみて、何も感じない心の死んだ連中だけが大学に入れるようになったらコトである。この設問が何をやっているかというと、微分積分の問題を解かせたあと、「微積が得意な人と得意じゃない人がいます。得意じゃない人はコンプレックスのため得意な人に意地悪をしようとしています。得意じゃない人の立場に立ってその意地悪のやり方を自分なりに考えて120字で答えよ」という感じなのである。違うか。一見批判的能力とかPISAに関連した問題のふりをしているが、実際は、お上の言うことをもっともらしい作文に仕立てる子役人になるための訓練にみえる。だいたい、日本では、PISA型の議論もアクティブラーニングの議論も、子役人的バカを批判できない空気を醸成しているだけである。

・いやー確かに、こういう教育やってる奴っているわ。go to hell



・あまりにも激怒したので、外薗昌也や関曠野を読んで心を静めていたのであるが、突然、「眞子氏が海の王子と婚約へ」というニュースをスマホが教えてくれた。go to hell スマホ。というか、こんなどうでもいいニュースをつかってまで共謀罪を通したいのであろうか。

・関曠野が3・11のあと書いた本が『フクシマ以後』だが、今の天皇と皇后が、いわばロックの自由主義(ローマ教会が生み出した「両性の自由で平等な契約」に支えられているらしいのだが……)を否定したヘーゲル式家族論の体現者であり、国民に家族像を教化する体制を完成させた云々と書いていた。これは面白い見方だと思う。

・これまた、眞子氏が「海の王子」と婚約というのも、なんかほぼ神話に出てきそうな感じである。安倍籠池夫婦の問題とからめても面白い問題なのであるが、とりあえず、眞子氏の結婚式は青島かな。ヘーゲルの歴史哲学に、注として加えてもいい感じの出来事だ。違うか……。まあ、何か隠したい事件でもあったんだろうね、政府には。加計の何かかな…

・とりあえず、カスタネダの影響下にありそうな『ワイズマン』への違和感の一端を、眞子氏の出来事で感じることができそうだ。
ジャンル:
超常現象
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1984あたり | トップ | 採点会議会議印刷採点 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL