★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

How to be BIG

2017-06-27 22:34:13 | 音楽


昔、谷沢永一と矢沢永吉を混同するという不思議なことが起こったのであるが、それはともかく、上の「成りあがり」という本は有名で、わたくしも持ってた。いま表紙を眺めてみると、「成りあがり」という文字が妙にやさしく、そのためか、「激論集」とか「How to be BIG」といった文字が飾りに見える。内容はよく知られているもので――、「自分に合ってる」のが才能というものである、とか、「バカ」は迷惑をかけるからだめ、学校の勉強は官僚になるつもりがなけりゃ適当に流すべし、あまり吸収しすぎるとポイントがぼける、グレるというのは「はぐれる」ということだ、彼らの八〇%は目的を失ってるだけであとがどうしようもないやつ、資本主義のエリート社会に反撃しろ、いや精確にいえば、妥協しながらじゃなく「負い目なく反撃しろ」……。などなど、割と我々が失いがちな「常識」が書いてある。

矢沢氏には自分でも言っているように、猛烈な自己陶酔の才能がある。これは一般的には(屡々ナルシシズムと混同されて)悪い面にもみえるが、不安を周密な作品で押さえ込むという能力に似て、上のような金言をはく能力とも関係があると思われる。なんというか、完璧な円を描くことに似ているような気がする。氏のファンは多いが、「はぐれる」タイプにはここまでの自己陶酔の才能がないのだ。淋しさは心を砕いてしまうのが普通である。やはり、音楽は、そういう淋しさをなんとかしてしまう魔術があるようだ。

とりあえず、こういう本の読後感は「野口英世の伝記」などに似ている。それは、能力がどこにあるのか分からない若者達に「屈辱を忘れるな、そして、しっかりしろ」と呼びかける。
『音楽』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 授業とコノハゲー | トップ | その白煙の下の浦上の丘を山... »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL