★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

コロンブスのゆで卵

2017-01-25 17:20:02 | 文学
昨日、演習で花▼■清の「コロンブスの卵」というコラムをあつかったのであるが、生卵ではなくゆ(う)で卵なら卵は簡単に立つ、と書いてあり、演習者に「本当かどうか確かめてみたか?」と言ったら、どうやら本当らしいので、わたくしもやって見た。



確かに立った!

この文章は、日本はホントに独立国かというアイロニーを言うためのコラムだったが、日本はバブルや高度成長でゆであがってもまったく立つ気配がない。だいたい国が一国だけで立つわけがないだろう。トランプがある種の商人であることは象徴的な事態だ。最近のやたら一国で立ちたがる国家の原動力には、一部の商人たちの危機意識がある。彼らの意識はプロレタリアートであった意識から絶対に抜け出すことはできない。すなわち、商人は自らを守るために国家を利用して、自分たちのシマを確保しようとする。帝国の一極覇権よりも、マフィアが割拠している方が平和だという発想なのかもしれない。確かに、社会主義でも民主主義でもそのイデオロギーによって煽られた(ふりをした)帝国の暴走というのはひどかった。虐殺は大規模であったし、世界で活躍しているエスタブリッシュメントな人々は確かにちょっと調子こいているとしか言いようがない(イメージ)。しかし、マフィアの世界もよくしらんけど、かなり人は死んでるし、あちこちで体が大きい馬鹿が威張りくさり、ひどい世界が展開していたのである。この世界では、ボスがいくらキチガイでも、足を洗うことができない。共同体が牢獄だった時代にまた戻るつもりか(以上イメージ)。現に、いまの日本の職場はほとんど恐喝といじめの世界に変貌している(事実)。

それはともかく、わたくしがいつも思うのは、卵の異常な美しさである。

附記)我が首相が「云々」をデンデンと読んだということで盛り上がっているらしいが、それはそうと、TPPに中国が入ってきたらどうなるんだろうね……ありえないことではないと思うんだが……
『今日の献立』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マドンナと爆発 | トップ | 残酷な汽車ぽっぽ »
最近の画像もっと見る

文学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL