★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

公開

2016-12-20 23:44:36 | 文学
公開講座の第3回目が終了。今日は、『光の雨』と『食卓のない家』の比べ読み……。わたくしの本当の気分としては、連合赤軍事件なぞ、単なる歴史の必然に過ぎないように思えるのである。事件自体は意外でも何でもない。あと一回は大江の「洪水はわが魂に及び」である。最後の締めとしてノーベル賞様に期待しよう……

我々は歴史を学んでもあまり考えず、事件によって考え始める。今年はひどい事件が多かった。でも、冷静になってみれば、予想は出来ないにせよ、まあ起こって当然のことばかりである。

不謹慎にこんな絵を描いていたら、ドイツで本当にバスで突っ込んだ奴がいて、嫌になる。アレッポの戦争、ロシア大使の暗殺、あれはさすがにまずいだろ……
『小説』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末の仕事が | トップ | 内ゲバの論理 »
最近の画像もっと見る

文学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL