★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

神曲地獄篇 対 言語にとって美とは何か

2017-02-23 23:00:10 | 文学


高木彬光を読んでいたら、吉本氏のあれのあそこあたりがと思って読み始める。意外とすらすら読めるぞ吉本隆明!
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファルコンの顔 | トップ | 動物記・昆虫記5 »
最近の画像もっと見る

文学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL