★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

白山神社を訪ねる(香川の神社114)

2017-11-16 12:59:59 | 神社仏閣
木太町の「白山神社古墳」跡にあります。



鳥居は、昭和六十年。

境内にみえる部分だけ周りより盛り上がっているのであります。

案内板によると、高さ2メートル、11×13メートルの古墳らしい。確かにそれぐらいありそうだ。竪穴式石槨があって、赤の顔料が全面に塗られていたそうだ。魔除けや鎮魂の意味ではないかという。だいたい、4・5世紀のもので、ここらは海抜2メートルしかなく、県内で一番低地に存在している古墳らしい。海岸線が近いと考えられるという。



川を挟んで小学校があり、休み時間の叫び声が聞こえていた。あの時代には帰りたくない。

  
ジャンル:
神社仏閣
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関所のもみじ | トップ | 小原神社を訪ねる(香川の神... »
最近の画像もっと見る

神社仏閣」カテゴリの最新記事