★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

キョリを置いて

2016-10-29 23:36:35 | 漫画など


『毎日かあさん 13』の「キョリを置いて」という回で、日本の反抗期みたいなのがアメリカではないという話が出てくる。わたくしも昔から、日本の反抗期の不健全さみたいなものは非常に気になっている。日本の反抗期の少年少女が、いわば、子どもが極端な処世術を身につけるみたいな様相を示すのを、身体的なアンバランスに求めすぎるのは反対である。何故かといって、そのような様相は、実は我々の大人の社会の実態だからである。日本では大人になるためには子どもにならなくてはならない。わたくしは、反抗期を親の子どもから社会の子どもになる移行期として考えてみたいのである。

最近反抗期がないやつが増えているらしいが、質的に差がないから移行する必要がないからかもしれない。いや、単に家族にせよ社会にせよ親的なものの支配が強くなっただけというべきであろう……
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 授業・団子・メンバー | トップ | 装飾主義を超えて »
最近の画像もっと見る

漫画など」カテゴリの最新記事