★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

生目神社を訪ねる(香川の神社141)

2017-12-10 15:52:56 | 神社仏閣


曹洞宗永平寺祥福寺の入口。ここをどんどこどんどこ行くと神社があるはずである。



ありました。生目神社です。


   
右手は高松市。天下を睥睨できます。



右手の斜面は一面ソーラーパネルになってます。す★ご☆い。

 

案内板に曰く、

「祥福寺鎮守のお社」

お寺を守らされているのか、お寺を守ってやっているのか、どっちだろう

「当社は古来、生目八幡宮(活目ともかく)と称えておりましたが、明治維新にいたって生目神社と改称せられました。」

「改称せられました」ではなく「改称させられました」だろう。気の毒だな

「俗に「いきめ様」とも称されます。」

さすが「俗」の人はわかってる。もう「いきめ様」でいいのに……。ちょっと語感が恐ろしげな感じだし……。


「霊験
 古より眼疾に霊験あらたかなりとして崇敬社の祈念殊に厚く、病気平癒、無病息災、又、眼を開くことより転じて開運の社としても信仰を集める。」

ほんと、日本では「転じ」るものばっかりです。

「神詠
かげ清くてらす生目の水鏡、末の世までもくもらざりけり。」

この神社の本社は、宮崎県の生目神社である。ウィキペディアによれば、

「元祿2年(1689年)3月3日に豊後国日田郡の郡代、池田季隆が参詣し「かげ清く照らす生目の鑑山、末の世までも曇らざりけり」と詠じたところ、「鑑山」を「水鑑」と改め、これを唱える事で霊験が得られようとの神託が下ったため、季隆により「かげ清く照らす生目の水鑑、末の世までも曇らざりけり」と改められ、爾来神詠歌として参詣者に唱えられることとなった」

らしいのである。あやしい……。いずれにせよ、祭神は品陀和気命(応神天皇)と藤原景清。仏生山の生目八幡宮ははっきりと後者だけであった。



後ろにまわってみる。宮崎の本社には、景清が抉ってぶん投げた両目がひっかかかった木があるのであるが、ここにはなかった、というか、なくて良かった。



向こうには、庄の宮神社、あるいは春日神社の鳥居であろうか?

この記事をはてなブックマークに追加

祥福寺の近くのお地蔵さんを訪ねる(香川の地蔵26)

2017-12-10 14:56:09 | 神社仏閣
祥福寺の近くには大きな池がある。

 


 

そのほとりに座っているお地蔵さん。顔のあたりは新しいように見えるが、蓮の下の方に文久三年という文字が見えた。



この記事をはてなブックマークに追加

鶴尾の釈迦堂を訪ねる(香川の地蔵25)

2017-12-10 14:45:57 | 神社仏閣


釈迦堂発見。

案内板には古老の話が書いてある。いつかわからんがとにかく昔々に大きな釈迦堂があって栄えていたが、次第に寂れて雨漏りがするようになってしまった。大雨の時に隣の川に仏具や釈迦仏が流れ出すしまつ。で、そこを「釈迦が淵」とよんでおった。延宝六年に、水難者の供養を目的に地蔵堂を立てたそうな……



☆おまけ★

 

中西小太郎の顕彰碑。碑を読むと、戦前、ある意味がんばった人とわかる。松平伯爵の名前が見えた。

この記事をはてなブックマークに追加

Effects of the Atomic Bomb on Hiroshima and Nagasaki

2017-12-10 01:33:32 | 映画


これ観てなかったので。1946年制作で、GHQに没収されたと言われている映画である。
わたくしだけではないと思うが、こういう記録映画には物語がないのでなんとなく物足りない感じがしないでもない。確かにここには欠けているものがたくさんあるであろうが、われわれが物語に頼りすぎていることを自覚すべきである。本当に最近は陳腐な物語に頼りすぎているのである。ただ、一方で、――このフィルムに音楽をつけたのはいつか、英語のナレーションなどは誰かつけているのかなど、いろいろと疑問はあるのだが――、科学的報告というのが、突然、「不十分な調査だったかもしれないが、人々に希望と光をあたえた」と言いだし、そして「原子力が人類の平和と幸福に使われる日が来る」といった文言で閉められるのは、科学者が素朴だからとは必ずしもいえない。童話が素朴だから道徳を説いてもよいとは必ずしもいえないのと同じようなものである。――かどうかは知らんが……。

この記事をはてなブックマークに追加