★さちゅりこん――渡邊史郎と縦塗横抹

赤面逆上的混乱苦痛とともに、誤謬の訂正的発狂状態が起る(坂口安吾)

学園祭と文相

2017-11-05 17:40:45 | 大学

うちの研究室の学生の売っていたソフトクリームを11月、40代半ばというコンディションで食す。



おなかが痛くなりそうだったので、つい、いつも横目でさらっと睨視している碑を写真におさめる。「三土文相就任記念碑」である。三土忠造は香川師範の卒業生である。彼は小学校の先生になったが、東京高等師範に行って、結局政治家になった。彼が田中義一内閣の文部大臣になった記念の碑らしい。このときは数ヶ月で大蔵大臣に代わった。この人は戦後の幣原内閣の内務大臣で、次の首相を狙っていたという説もある。結果首相になったのは吉田茂である。わたくしにとっては、この人の長男である三土興三の方が重要である。西田幾多郎の弟子でキルケゴール研究の草分けである。大正末期、親父が政務次官の時代に鉄道自殺した。



卒業生から文部大臣が出たということで、本人を招いて盛大なパーティでどんちゃん騒ぎをやったと書いてある。全く恥ずかしい話である。ちなみに田中義一内閣といえば、特高警察設置、思想善導政策、治安維持法改定(最高刑を死刑)、で――3・15事件と、「最悪の内閣」(吉野作造)であった。うちの学部には「二十四の瞳教室」というのが設置されているが、この小説は、まさに3・15事件の直後から始まる教師暗黒物語であって、なんとも皮肉な話だ。

この記事をはてなブックマークに追加

金刀比羅神社を訪ねる(香川の神社103)

2017-11-05 16:26:58 | 神社仏閣
数え切れないほどある金刀比羅神社。井口町。

 


昭和五十五年の「鶴来藤原茂」の揮毫らしい。うちの教育学部の元教授である。香川師範の時代から教えていた書家である。西安の空海記念碑の碑文も手がけている。



 
狛犬さん

この神社の拝殿はほとんど門だけの形であるが、彫刻が派手である。

 

よく見てみましょう

 





  

 

拝殿の窓から中を覗くと、本殿があって、狛犬も控えている。



 


本殿を裏から見る


日が陰ってきたので、急いで大学に行くことにする

この記事をはてなブックマークに追加