にゃんこのヨガ的生き方

毎日をゆったり、元気に機嫌よく暮らす

気虚タイプ、季節の変わり目

2017-07-23 19:58:49 | 風邪
GW後から体調を崩しました。熱はなく、痰が絡みます。咳が出ます。ひどい時は夜息苦しさを覚えます。何だかだるいです。五虎湯を服用している間はいいけれど、薬効が切れるとまた痰が出てきます。海外出張を何とかこなし、次は沖縄旅行だというのに体調は今ひとつ。不本意ながら西洋医にかかりました。2回通って薬をもらい何とか回復しました。結局治るまで1か月半。どうやら風邪を引き、治ってはまた引いての繰り返しだったようです。

体調を戻すために漢方薬のお世話になりました。イスクラ衛益。別名「玉屏風散」。

初めて「気虚」という言葉を知りました。気虚とは体に必要なエネルギーが不足している状態のことだとか。

-----------------------------------------------------
だるい
疲れやすい
胃腸が弱い
風邪を引きやすい
食後に眠くなる
季節の変わり目や環境の変化で体調を崩しやすい
体温が低い
冷え性
体格は筋肉が少なく、いわゆるぽっちゃり、柔らかい肉質
皮膚の症状が出やすい
-----------------------------------------------------

私の場合、「ぽっちゃり」以外はドンピシャリ。口内炎がいくつかできました。(お腹はぽっちゃりしています)

つくづく思いました。私はやっぱり虚弱体質なのだなぁと。一旦体調を崩すとなかなか回復しない。考えてみれば体調を崩すのはいつも梅雨の時期です。大して暑くもないのに冷房が入りだす。冷える。カビも一因だと思われます。やっぱり根本的な体質は変わらないのかもしれません。

衛益を服用して沖縄に旅行した後から体調は回復しました。衛益が効いたのか、梅雨のジメジメが終わったのがよかったのか。衛益は毎日服用する必要はなく、調子が悪い時に服用するだけでもよいとか。手元に置いて、(なんだ疲れたな)という時に飲んでいます。来年以降季節の変わり目に体調を崩した時、これを試してみます。

衛益が高いので、お灸はやめることにしました。はい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よなよなの里、定時退社協会 | トップ | 美ら海 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。