白爺の独り言

故郷テニアン島へ帰る旅!
 古い友達と巡る秘湯の旅!
白爺一人で ブツブツブツ・・
お暇な人 寄っていって〜。

喜びも悲しみも幾歳月 (灯台 

2008-10-18 15:01:02 | 
                    「テニアン灯台」

           

長く降り続いた雨も、先週にはどうにか止みました。
久しぶりに天気になったので、白爺は庭の手入れに熱中。
ブログの方は、ついご無沙汰してしまいました。



それでもEmiiは、「パソコンやきもち」をやいてぼやいていましたが・・。

さて、白爺は、来週の日曜日から、高野山奥の院⇒熊野古道⇒那智勝浦⇒伊勢神宮と強行軍の旅行を計画しているので、カメラの準備を始めました。
すると、旅行先で写した灯台の写真が目に留まりました。
並べてみようと思いついたので、時間がありましたら立ち寄って眺めてみてください。

最初の写真は、テニアン島の二本椰子海岸(今のタガビーチ)に立っていた「テニアン灯台」です。
灯台の手前に、砂糖キビ運搬列車の線路があるのですが、見えるでしょうか?

   
              「塩屋埼灯台」

福島県いわき市の塩屋埼(北緯36度 東経140度)に立っています。

この灯台は、明治32年(1899年)12月15日に初点灯されたそうです。
1938年の福島沖地震で破損したり、太平洋戦争の時には米軍機の攻撃を受けて破壊され、機能を失ったそうですが、昭和25年(1950年)に復旧されたと灯台の歴史には書かれていました。

               

この灯台は、今では美空ひばりが歌った「塩屋岬」の唄で有名です。
しかし白爺は、灯台長だった田中氏の夫人(田中きよさん)が、雑誌「夫人倶楽部」に投稿した「海を守る夫とともに20年」の手記を基につくられた「喜びも悲しみも幾歳月」の映画のほうが強い思い出になって残っています。

この灯台は、平成5年(1993年)2月から、無人化されたそうです。

   
        「平安名埼灯台」

沖縄県宮古島市(北緯24度 東経125度)の太平洋と東シナ海に面する東平安名岬(ひがしへんなざき・沖縄では東は太陽が上がるので、あがりへんなざきとも言っている)に立っています。
初点灯は、昭和42年(1967年)だそうです。
灯台に登ると、視界320度が海で、水平線が丸く見えると説明文に書かれていました。

             

東平安名岬は、宮古島の南東に長さ約2キロ・幅160mの細長い岬で、一年中強風が吹くそうですが、5月にはテッポウ百合が岬一帯に咲き乱れて壮観だそうです。



灯台の近くには、妻子ある男との恋に破れ、この岬から投身自殺したという伝説で知られる「絶世の美女マムヤ」の墓がありました。

                 
                  「野島埼灯台」

千葉県房総半島の最南端 野島崎(北緯34度東経139度)に立っています。

この灯台は、幕末の慶応2年(1866年)5月に、アメリカ、イギリス、フランス、オランダの4ヶ国と結んだ「江戸条約」によって建設することを約束した8ヶ所の灯台の一つで、 観音埼灯台に続いて、日本で2番目、明治3年(1870年)1月に初点灯された灯台だそうです。

その後関東大震災が発生、地上6mの所で折れてしまったが、大正14年(1925年)8月に再建されました。 
しかし、昭和20年(1945年)太平洋戦争で米軍に攻撃されたため大きな被害を受け、完全に復旧したのは昭和21年(1946年)11月だそうです。

     

白爺が後期になる前には、毎年2〜3回は房総半島へ潜りに行っていたので、この灯台もよく眺めていたのですが、最近はすっかりご無沙汰しています。

                   

春になったら、ポピーと灯台にも逢いに行ってこようかなー? 

いずれにしても白爺は、灯台を眺めるとこの唄が口から流れます。

 
俺ら岬のー 灯台守は 
  妻とふたりで 沖行く船の 
      無事を祈って灯をかざす 灯をかざす 

そしてその心は、

俺ら年寄りのー 願いはひとつ 
  Emiiとふたりで 愛しの子・孫の
    無事としあわせ 祈ってる 祈ってる

                             

                                
ジャンル:
ささやき
キーワード
喜びも悲しみも幾歳月 東平安名岬 太平洋戦争 春になったら 1870年 関東大震災 1946年 観音埼灯台 1925年 1945年
コメント (3) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 里の秋(野辺山) | トップ | 喜びも悲しみも幾歳月 (灯台◆ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね!! (HTIおじさん)
2008-10-18 18:02:17
そしてその心は。。。

私も、そう思います。
まだ孫はおりませんが。。。(苦笑)

だいぶ強硬スケジュールなんでしょうか
それとも時間をかけての、ノンビリ二人旅。。。!?

私共も後期まではまだまだありますが、動けるうちに
いろんな所に行きましょうという事でプランを練るのが楽しみの一つとなってます。

ご旅行のリポートを楽しみにしてます。
なんといっても白爺さんの写真はいつ見ても素晴らしい
ので、とっても大好きです!!
有難う (白爺)
2008-10-18 20:19:17
HTIおじさん
今度の旅行は、赤目会のメンバー9名で行きます。
今まで車3台で行っていたのですが、歳を考えて今後はツアーで行くことにしました。
東京駅7:5Am集合・帰りは10:30Pm解散だそうです。
久しぶりに異状繁忙勤務を体験してきます。
懐かしい顔をまたお見せしますから待っていてください。
歌おうと思ったのにぃ〜!! (ちづ)
2008-10-19 02:29:02
灯台のお写真を見て、「お〜いら、み〜さきのぉ〜♪」って歌おうと思ったのに、白爺様に書かれちゃいました(w)

宮古島と、千葉の灯台は行った事がありまーす。
宮古島は綺麗だったなぁ・・・!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL