宝島のチュー太郎

酒屋なのだが、迷バーテンダーでもある、
燗酒大好きオヤジの妄想的随想録

コンビニ人間

2017年03月20日 | 本のこと
 ちょっと前の芥川本。
現在、新居浜の市立図書館でそいつを借りようとすると、なんと62番目だ。




 しかし、それが掲載された月刊誌「文藝春秋」ならフリーパス。
雑誌も貸してもらえるというのはありがたい。
これからもせいぜい利用させてもらおう。






 さて、本題。

正直、訴えたいことが理解出来なかった。
私は、作中に登場するその他大勢の「働かざる者食うべからず」という基本的な価値観の上で生きている。

そして、人の真似をしないと自己表現できないようなタイプでもない。
なので、クエスチョンマークが10個くら浮かぶ内容。

「そいういう人もいるんだな」
程度の読後感しかない。


 これではあまりに情けないので、最後に、ピンときた一文を写して締めくくる。



 コンビニと一緒で、私たちは入れ替わっているだけで、ずっと同じ光景を続けているのかもしれない。




 これ、宇宙の表現?

 それは、穿(うが)ち過ぎ???



コンビニ人間
クリエーター情報なし
文藝春秋



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 撮影用クリップライト | トップ | ラブ、安堵、ピース »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む