宝島のチュー太郎

酒屋なのだが、迷バーテンダーでもある、
燗酒大好きオヤジの妄想的随想録

ラブ、安堵、ピース

2017年03月20日 | 本のこと

 「満たしたい」という欲求は、「自分」という器があると思っているところから生まれる。
 でも、あらゆる存在の本質は「からっぽ」だから、いくら取り入れても満たされようがない。
人が何を得ても、どこかに満たされなさを感じてしまうのは、ものの道理だ。
 タオを生きる人には「自分」という器がない。
だからこそ、「満たされなさ」と無縁なんだよ。


第15章 混乱のときほど、くつろぎを



 この、「自分」という器とは、自我のことか?
人は、この自我にコントロールされて喜怒哀楽する。
モチベーションだって、自我の最たるものだ。
 じゃあ、「やる気」スイッチを入れるなってことか、いや、そもそも、そんなスイッチは無いんだと。
「やる気」は必要ない?
それこそが明鏡止水の境地?

 これがまだ腑に落ちてこない・・・






ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点 超訳『老子道徳経』
クリエーター情報なし
アウルズ・エージェンシー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンビニ人間 | トップ | AIの光と影 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む