宝島のチュー太郎

酒屋なのだが、迷バーテンダーでもある、
燗酒大好きオヤジの妄想的随想録

座いす

2016年05月25日 | 徒然
 昨日は定休日。
結局、サウナには行かず、自室で終日読書と映画三昧。

こういうときに思うのが、カムフォタブルな読書空間の必要性。
自室は座卓なので、私の定位置はその手前。
ベッドを背もたれ代わりにしてTVもそこで観る。

映画を観る程度ならその状態でも問題は無いのだけれど、これが読書や筆記となるとハナシは別。
どうにも姿勢が落ち着かない。

 なので、どこか座り心地のいい喫茶店は無いものか?などと考える。
しかしこれも、わざわざ出向く不合理さを思うとイマイチ。

じゃあ、自室でも勉強しやすい空間を作ればいいんだと、座いすを物色。
すると、こんなんがあった。
価格も適当だし、これなら座卓での読み書きが楽になりそうな気がする。

迷わずポチっと。


ナカバヤシ 回転盤付き座いす ブラック RZF-103BK
クリエーター情報なし
ナカバヤシ






 そして、関連項目で上がってきたのがこのビーズクッション。

ビーズクッション カバー クッション 椅子 マイクロビーズ 洗える ソファ フィット かわいい 枕 ショコラ
クリエーター情報なし
ぼん家具




 何年か前に泊まった旅館にこのタイプのクッションがあって、とても具合が良かった。
今はすっかり忘れてしまっているけど、それは和風のメーカー名(漢字)だった。
そいつを覚えておいて、帰宅後調べてみると、なんと2万円もする。

クッションに2万円出すか?
私の経済観念の中にそれは無い。

類似品は無いものかと色々調べてみるも、当時は唯一無二の存在だった。
それから数年。
今ではかなりの数の類似品が出回っている。
価格も1/4程度。


 うん、これなら許せる。
しかし、座いすをポチったばかりだぞ。

暫くは「ほしいものリスト」で熟成かな。



 ただ、不安要素もある。
類似品で安価なものにはそれなりの理由があったりする。

その2万円のものの代わりに注文したピーナッツ型のクッションがひどかった。
楽天の履歴によれば、2012.1.4.にポチってるから4年前か。




こいつの白と黒を1個ずつ取り寄せた。
最初は良かったんだけど、1年くらい経つと、中のビーズが痩せてユルユルになった。
そして今では、更に痩せたビーズがシェル?(カバー)の繊維から抜け出して白いゴミになってしまう。
ましてや白のカバーはどんどん剥げて、こいつもその剥離したものがゴミに。

中のビーズが痩せていくのは経年劣化として受け入れるとしても、そいつが外に出てくるほど痩せるというのは如何なものか。
これは明らかに不良品ではなかろうか?


今更クレームを付ける気力はないが、その分、ここで披露しておこうと。



 こんな経験からも「いくら安価でも類似品の落とし穴はあるかなぁ」とも思うのである・・・











Comment
この記事をはてなブックマークに追加

実は!

 「酒の宝島」は、こんないきさつから、大七さんの酒造りの姿勢に惚れて、特約店とさせていただいております。
「地酒大show 2011」何と三年連続・三冠独占でついに【殿堂入り】
【大七酒造】純米生もと 1800ml

 純米生もと、からくち生もと、本醸造生もとを定番商品として常時販売しておりますので、お近くの方は送料の掛からない「ご来店」でお買い求めください!

宝地図(真ん中が当店です)