新・北総雑記 - 通勤電車で書いた雑エッセイ

An essay written in commuting trains to Tokyo.

北総菜園日誌:啓蟄・ 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

2017-03-06 | 生活
風邪だと思っていた義父はインフルと肺炎を併発し、短期間入院に。退院後も身体がふらつくようだが、90手前の高齢者は独居生活をしているだけで尊敬に値する。
還暦すぎだが高齢者になりきれない自分はまだテニスやボディパンプで週末に身体をいじめている。
翌週、バチが当たったからであろうか、名古屋出張で飲み過ぎて、風邪をひいたらしく、喉が痛み、花粉症との合併症で苦しむも、またもやボディパンプとテニスレッスンでダウン。日曜は早めに寝て、何とか月曜朝に出勤可能な状態に復帰。

My 89 yrs old father-in-law had a flu and nemonia and was hospitalized few days. Though not perfectly recovered, moved back home where he lives alone with limited public nersary services, which itself is amazing.
As an over sixty yrs old guy, though not eligible to be classified as an old generation (the new definition is over 75!)., I am still doing Bodypump and tennis lessons weekly.
Last week in Nagoya, after heavy drinking looks like I caught a cold in the chilly hotel room. Went to bed a little early and almost recovered by the Monday morning...
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通勤快読:『 限界を突き破る... | TOP | 北総菜園日誌:啓蟄・ 桃始笑(... »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 生活