猫の下に言の葉

詞を書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

通れば永遠

2016-11-05 16:10:18 | Weblog
悲しみは癒えないから悲しみというの
憎しみは消えないから憎しみというの

星のない夜空の 下を歩くとき
いつもこころはひとりだった

笑ったことも泣いたことも
心の底に沈んで 静かに泥になった

眠らないビルの階段に
腰をかけたあの時間も

明けないはずだった苦しい夜も

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« fast  | トップ | アスファルトがぬれている »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事