最後の嵐の前の静けさ?

2017-05-16 13:23:50 | 日記
しょっちゅうではありますが。
大幅に精神的な落ち込みがやってきておりました。
とくに理由とか原因があるわけではなく、自分でもどうしようもなく。

わたしはそういうとき、理由もなく無気力になり、家から一歩も出られなくなるたちでして。
ぼんやりニュースサイトやらを巡回して、無為に時間だけが過ぎていきます。

ふと、もしも2021年に世界大戦が起こるのであれば。
何年続くのだろう?と考えまして。
9年ではないか、と思いました。根拠はありません。
戦闘が完全に集結するまで9年かあかると2030年。
そのころには世界の半分くらい?は焦土と化しているんでなかろうか。
そしてゼロからの復興がはじまり、また9年かかる。
復興がひと段落する2039年、新たな世界の到来なのではないか、と。

いずれも最近流行っている「国家72年周期説」に乗せると、そういうスケジュールもありなのか、と気づいたわけです。
繰り返しますが、根拠はありません。
ただ、まあ、世界大戦が起こることについては、目下の世界情勢から、日々可能性が高まっている、とはおもっております。

わたしは、先の大戦を嘆き悲しみこそすれ、自分が生きているあいだに、ふたたび世界大戦を経験するなど、ほんの少し前まで考えてもみませんでした。
まさか、です。
自分が戦争を経験するなんて、と。
でも、いまの世界情勢を見て、今が、嵐の前の最後の静かな時間かもしれない、とおもっております。

世界は相変わらず動いておりますね。
北朝鮮は高度2000キロを越える新型ミサイルを撃ち。
日本は「あんなもん撃ち落とせねーよ、まじやべー」と怯え。
ミリタリ系えらい人によると、あの高度に達すると、落下速度がスゲーんだそうです。
迎撃するには速すぎるんだそうです。

しかし、Jアラート、鳴りませんでしたね。
日曜日の早朝でしたから、もちろん寝てますから、鳴っても起きたかわかりませんけれども。
北朝鮮はなぜ、日曜朝にばかりミサイルを打つのでしょうか。
社畜と言われる日本人サラリーマンが、最も油断して寝ているときを狙っているのでしょうか。働く勤労者をいたわる気持ちはないのでしょうか。

Jアラートについて、ガースーじゃなくて、菅官房長官は「軌道から推測して、日本に落ちないから鳴らさなくていいかと思った」と言いましたが。
「ほんとう?」と思ってしまいますよね。
「ミサイル発射を感知できなかった」のではなく?と。

今回の新型ミサイルも、固形燃料であったようです。
よく知られておりますとおり、北朝鮮のミサイルは少し前から、液体から固形燃料に切り替わりました。
液体燃料だと、ミサイル発射の直前に燃料注入するわけですが、2-3時間もかかるそうです。のんきですよね。
北朝鮮軍が、燃料をトクトクトクトク注いでるあいだに、アメリカや韓国が気づいて、ニブチンな日本にも教えてくれます。
でも固定燃料ならいつでも打てる。
ニブチンな日本が感知できるとは思えませんし、韓国やアメリカが教えてくれる前に、日本に着弾していそうです。

Jアラート、ホントに機能するところを見てみたい! それイッキイッキイッキイッキ‼︎
なんて、ついつい、思ってしまいます。

ランサムウエアが、世界中のPCを破壊して回りもしましたね。
北朝鮮謹製の模様ですね。やはりというか。
北朝鮮のサイバー部隊は、7000人以上いるそうです。子供の頃から適正者を選抜して育成しているそうです。
アメリカのサイバー部隊は6000人だそうですから、アメリカよりも多いです。
すごいですね。
ネトウヨは朝鮮半島民族をとことんバカにしますが、北朝鮮の技術者の有能っぷりをみるに、朝鮮民族は優秀だと思います。
いくら中国とロシアから、ミサイル技術やらなんやらを、まるっともらっているにしてもです。

南朝鮮だって、朝鮮戦争で国土が焦土と化したのに、先進国の経済に追いついたわけですから。
それは日本統治時代のインフラ整備など、もろもろの日本の遺産のおかげもありましたし。
また現在の経済が破綻寸前で、内政がアレであろうとも。
それでも戦後、韓国民が経済力を作り上げたのは間違いないわけですから。

ちなみに、我が国の自衛隊のサイバー部隊はたったの100人だそうです。
これほんとです。
なお南朝鮮軍ですら、600人います。

まじ頼むよ、日本政府‼︎

どうか日本国民のみなさま。
自衛隊サイバー部隊のための予算を。
どうか民間企業も協力してあげて、どうか、おねがいします、、、。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 沼津御用邸 | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL