梅ジャム

2017-06-19 22:15:41 | 住まい、暮らし
わたしの交流関係は、とても乏しい、というか、ほぼ絶滅寸前なのですが、そんなわたしに、毎年、梅の実をくれる人がいます。
庭に梅の木があって、たくさんなるのだそうで、去年は10キロ以上ありました。
大きめのダンボール一箱ぶんくらい。大量です。
わたしはばくぜんと、その人の庭には、梅の木が何本もあるんだろうな、と想像していたのですが。
先日聞いたら、一本だけだそうです。
一本であんな大量の梅の実がなるとは・・・梅ってすごいですねえ。

その知人も、モノグサ面倒がりの人で(類友)、「せっかく梅がなるんだから、おたくで使えばいいんじゃないの?」と聞くと、「そんなんめんどい。おまえにやる」と(笑
それなのに、わざわざ梅の木に登って、梅を収穫し、うちに送ってくれます。
あの面倒がりの知人が、梅の木に登ってるさまを想像すると・・・わたしはちょっとわらってしまうのですが、怪我をしないか心配でもあり。

でも今年は春先に、梅の枝をバッサリと剪定してしまったそうで。
先日届いた梅を計ったら、1.5キロほどでした。
それでもモノグサ太郎なわたしは、こうして梅を送ってもらわなければ、なんにも梅仕事をしないにちがいなく。
ほんとに、ありがたいことです。

去年は大量の梅でしたので、絶滅してる交流関係を、そのときだけ蘇らせ、半分くらい、絶滅知人にあげました。

シェアハウスに住んでた頃は、住人たちを駆り出して梅を洗い(これがなかなかたいへん)、梅ジュース、梅酢ジュース、梅酒を作っていました。
大量にできるのですが、しばらくしたらみんな消費されてましたので、やはり同居人がいるというのは、なかなか良いものでした。

今年は1.5キロだけなので、梅ジュースと梅酒を作ることにしました。
梅ジュースは自分用で、梅酒は、梅をくれた知人へのお礼がわりです。
わたしはアルコールを一切飲めないので、梅酒を作りはしますが、味見もしません(ひどいやつ)。

それから、梅ジャムも少しだけ作りました。
梅を洗うとき、熟しすぎたり、傷があったりしてハネた梅で作ったので、ほんのちょっぴりです。



梅ジャムって、酸っぱい!!
でも季節の味ですなー。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« モノを減らしたい | トップ | もうすぐ都議会選挙、残念な現状 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL