天皇陛下、万歳

2017-08-14 03:17:53 | 日記
日本の戦争ドキュメンタリーをみると、しばしば、
「てんのーへいかぁー、バンザーイ!」
と日本人が唱えているシーンがありますよね。
この万歳を唱えるときのイントネーションはひどく独特で、耳に残ります。

たぶんなのですが、この万歳三唱で、いちばんよく使われているのは、1943年学徒出陣のときの、東條英機首相のものではないかな、と。

https://youtu.be/iGGWQloCH2g
(この動画の5:27ごろです)

この光景は、政府が国民に天皇絶対主義を押しつけ、それ以外の思想を弾圧した、戦前の全体主義を象徴するシーンとして、ドキュメンタリーに登場します。

現代では、たいていの日本人は、異様な光景としか感じないでしょう。
一つの思想を、政府が押しつけてくることへの恐怖、嫌悪を感じもすると思います。
北朝鮮みたい、と思う人もいるでしょうし。
天皇絶対主義なんて非科学的な思想に洗脳されていたんだな、と哀れみを感じる人もいるでしょう。

全体主義、一つの思想の押し付け、他の思想の弾圧という意味では、確かに北朝鮮と同じです。
北朝鮮メディアが流す映像と、似た空気を感じるのは、もっともだと思います。

でもなんだか最近、「天皇陛下、万歳!」と、心の底から叫びたくなるんですよね。
あたまおかしい、と言われそうですが笑

そんなこと叫んだら、まちがいなく周囲からガチキチ認定ですから、ガマンしてますが。
ものすごく叫びたい。
大声で叫び回りたい。

おかしいですよね。
わかってるんですけどね。

なんかね、東條首相の、あの独特のイントネーションの理由がわかるような気がするんですよ。
生身の東條首相のことは、もちろんぜんぜん知りませんので、勝手な推測にすぎないんですけど。
心の底から天皇陛下が大好きで、大切で、その気持ちがたまらないと、ああいう発声になっちゃうんだろな、と。

ああきっと、同じ気持ちの人がいたら、一緒に叫んだら気持ちいいでしょうね。

今上陛下はとてもリベラルなお考えの方でいらっしゃいますから、万歳三唱されることを、どう思われているかはわかりません。
もしかしたら、お望みでないのかもしれません。
でも、日本人が天皇陛下を慕う気持ちは、きっと、否定なさいますまい。

わたしは、天皇陛下への崇拝を「強要すること」には反対です。強要には、強く強く反対します。
ですので、戦前の日本の、天皇絶対主義の強要はまちがいだったと考えます。

こういうことを言うと、きっと、メンドくさい極右に攻撃されるのでしょうが。
戦前の天皇絶対主義の強要が、戦後日本で、どれほどの反発を生んだかを見てください。
戦後日本の左翼界隈の燃料源の一つは、戦前の天皇主義の強要であったのは、疑いありません。
その左翼思想の残骸が、今の日本を危機に晒していることを見てください。
強要は、必ず反発、反感を呼ぶんですよね。
日本人であっても、全員が天皇陛下への崇拝を持てはしません。
それはあたりまえのこと、仕方のないことです。

日本人の天皇陛下への崇拝は、自然発生的なものであるべきだと、わたしは思います。
日本人のこころのうちから、自然と、わけもなく、湧き出すものでなければならない、そう思います。
なぜか理由はわからねど、なにかひどく尊く、大切なものだとこころで感じて、尊敬せずにはいられない、と思う。
そういう気持ちです。

わたしは、天皇陛下や皇室について、その歴史やお役目、ご存在の意味を、子供たちに学校できちんと教えてほしいと思います。
だたし、そのときは中立の立場で教え、どう受け取るかは、子供本人にまかせるべきだと思います。
そうすれば、天皇陛下や皇室を大切に思う気持ち、敬う気持ちを自然に持つ子は、日本に生まれた子供であれば、たくさんいると、わたしは信じます。
そういう気持ちにならない子は、それはその子の縁ですから、それで良いのだと思います。

日本人の天皇陛下への想いは、自然な、やわらかな崇敬が、あるべき姿だと思います。
たとえるなら、水のように。
水は万物の中でもっとも強いもの。どんなものでも、水は切ることも断つこともできません。

わたしは、昭和天皇が、戦後すぐに広島に行幸されたときの映像が忘れられません。

https://youtu.be/3iYTW3iTces

1947年12月の映像です。
原爆ドームを背景にして、広島市民が熱狂的に「天皇陛下、万歳!」と何度も何度も叫んでいる。
それは、心の底からの歓喜です。
叫ばずにいられないのです。
その言葉しか、出てこないのです。

これが洗脳でしょうか?
全体主義のなごりでしょうか?
当時すでに、日本人の中に、昭和天皇の戦争責任を問う人々がいました。
東京裁判が行われている最中でもありました。
敗戦の苦しみから、戦前のことを恨んでいる人もたくさんいたでしょう。
まして原爆の後遺症に苦しんでいる広島です。

わたしは、日本人が天皇陛下を想う気持ちは、明治から昭和にかけての洗脳教育によるものだとは思いません。
それは強要されずとも、大半の日本人は自然と持つ気持ちであると、そう思います。

というわけなので。
あー気兼ねなく、天皇陛下万歳!!と叫べる日本になってほしい・・・。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お盆、身内の戦死者 | トップ | 終戦記念日、永遠の平和×2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL