まもるべきもの

トイプshoと相棒のai
野良犬から飼い犬になった姉弟犬+テツ+ゆあ 6ワンとの日々 

迷惑よねぇ

2017-06-20 | 日記

ゆあ 『ねーねー、この服なんなん?』

ai 「これ着せられたら、水につけられてー泳がせられるんょー」

ゆあ 『えーっ、着た事ないし!あたちは短足じゃし泳いだ事ないけん無理!』

ai 『よくtobi達がビチャビチャになっとるけぇ、あたちらも泳ぐんかねぇ』

ゆあ 『かあちゃんの考える事についていかれんねぇー、迷惑じゃしぃ』

sho 【目が見えんワシは関係ないょ!】

shoやaiがずっと若い頃に買ったライフジャケット

ゆあのと、中型犬チームのtobiとshiroとテツの分も買わないといけないなぁ。。。

少し前に思っていた事、早まらずに良かった

 

20日位前だったか、ダンナが爆弾発言

前々回もちょこっと愚痴りましたが、少々の事には動じなくなった私も半信半疑の出来事

『〇日に船の免許取りに行くけん2日ほど留守にするわ!』

『受講料が〇〇万、健康診断と住民票がいる。Mちゃんと一緒に行く』

えーどうしたん? ビックリ(@_@)

日頃から水で死ぬのだけは嫌じゃ~と、タイタニックみたいな映画すら見れないダンナ

「漁師にでもなるん?あのポンポン舟にでも乗る気になったん?」

仕事場に放置してる、湖にある貸ボートサイズのエンジン付のボロ舟に目をやる

『いんや、違うょ・・・』

Mちゃんとは、もうちょっとで18才になる知人の娘さんの事

父親の船を操縦したいからと一緒に行く事になり、彼女は後日に水上バイクの免許もとった

家業の手伝いでユンボはプロ級だし、今からコツコツ自動車免許もとって父親の右腕を目指すらしい

女の子ばかりの長女、とても頼もしい彼女はカッコイイ女性に成長していくね

 

話を戻して

私に内緒で、格安で船を譲ってもらう予定があったダンナ

お金持ちや芸能人のクルーザーとはかけ離れてるボロいプレジャーボート

ちょっとリフォームして整備したら充分使える!と話があり

係留場所も見つけ、その気になって意気揚々と船舶免許を取ったダンナでしたが

結局騙された感じ(苦笑)

元の持主の社長が高齢で乗れなくなり譲渡先も見つからず廃船

A氏に処分代を支払い処分を委託、A氏は処分をせずB氏に保管を委託

B氏が友人のC氏に「誰か欲しい人はいないか?」探すように頼む

それから数年が経過

C氏の知合いのD氏、D氏とはダンナも友人関係

前にD氏から話しをもらった時、この船の提示価格は何十万もしてました

最近になって急遽保管していた場所から撤去しないといけなくなったB氏

B氏→C氏→友人D氏から再び話があったダンナ

とにかく移動させないといけなくなり、船の値段は二束三文まで値下がり

前出のような事情を聞かされてなかったダンナがその気になった、という訳

ダンナは面識のないB氏の船だと解釈してたから、C氏とD氏と話してたんです

所がですよ!前出の様な思わぬ色々な事情が判明

元の持主は随分前にお金を払って処分したはずの船

今だ船が存在し間に何人もの人間が絡んで、売る売らないの話になってるなんて夢にも思わない

悪いのは誰だ?

悪いのは、処分料をもらったのに処分しなかったA氏でしょう

書類上

廃船にした船の復活は出来ないので処分するしかない運命の船でした

 

aiとゆあの後ろに写るこの影

この船です

騙された様なもんだからほっとけばいーのに、たちまち移動させないといけない、って事で

トラックに積んで帰って只今仕事場に鎮座しています

もったいないよねぇ、8人乗りでエンジンはまだ新しく馬力の良いのがついています

先の部分は部屋になっていて、テーブルセットからベットに展開できる仕様

トイレもついてて、後には海に出れるスロープもついています

が、使えないとなるとガラクタと一緒

邪魔になるもん持って帰って来て~どーするのコレ(-"-)

定置もキャンピングトレーラーなら大歓迎ですが置き場を探してもらって、とっとと返して欲しい所

私等には無縁のこーいった船もね、漁師でなくとも島に暮らす方は車と一緒

高齢とか使わなくなったとかの理由で放置される船も多いんだって

譲渡先も見つからない、処分料が高い、売るには値段がつかない

などなどの理由で沖に行って故意に沈めるフトドキ者もいるとか

前出の船も新船で800位するそう、昔と違って景気が悪い今の時代

船は二束三文らしいですねぇ

島に行くと船を手放す事に困っている人も多いから、又話があるよー!

って、船を所有する知人のお言葉でした ← あまりダンナをその気にさせないで~なんですよねぇ

釣り船とかには乗った経験があるダンナですが船は操縦した事が無い

2日間約13万で簡単に取得できる船の免許ですが

普通に考えて経験者同行で実践を重ねないと操縦は無理だし怖い事です

私も海で死にたくありません!

特に夏場はプレジャーボートの海上事故は多いし、死に直結しますから

 

ダンナから聞いた、船舶免許の講師の話ですが

昔、自分の船を係留していた付近に野良犬がいて

エサを与えるうちに懐いて、出港すると海に入って泳いでついてくる様になり

何度も泳いでついてくる野良犬を我子にしたそうです

犬の世話を息子に頼み、夫婦2人ヨットで半年ほどの航海に出発

何かを察したのか自宅から脱走、港に向かう道路で事故にあい亡くなったと話されたそうです

暮らす場所によっては、犬も自ら水に入るんですねぇ

とても可哀そうな話でした

 

知人に弟子入りして練習してもらって、また安い船の良い話があれば・・・ですね

最近ご無沙汰の釣りや、自分達とtobi達のライフジャケットも用意して~海で遊ぶか?

って思ってましたが

うまい話には要注意です! ← ダンナに向けて

お金も返してもらえたし、2週間ほど夢を見させてもらいました

 

連日暑い日が続き、昨日は30度超えの夏日

バテバテのこの子達もそれぞれに好きな場所でゴロゴロ

キミ達は暑いからって水に入れられるのは迷惑よーねーぇ

いよいよ今晩から雨になり梅雨らしくなりそうです

たまには雨もほどほどに降らないと困りますよね

 

 

『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日のプレゼントは・・・ | トップ | あらためて考える »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。