まもるべきもの

トイプshoと相棒のai
野良犬から飼い犬になった姉弟犬+テツ+ゆあ 6ワンとの日々 

ダニにやられた

2017-05-18 | 進行性網膜萎縮症

暑くなってきたから裸んぼうのsho、我家6ワンの最年長

我家の   ボ ス

 

昨日の早朝、誰にも会わなかったSAのドッグランで運動

相棒aiとはそこまで仲が良い訳じゃないけど、たまに撮れるシンクロ

共に8才、おしどり夫婦で長く共に生きして欲しぃ

 

寄り道してこんな写真を撮って、ダンナのいる岡山に行ってお手伝い

昼ご飯の時に気付いた!

shoの目のフチ、女性がアイラインをひく位置にダニが吸血してました

結構大きい、、、いやいや、ビックリです(@_@)

自宅や仕事場にいたなら無理に取らずに病院に行くんだったんですが

県外の山奥、現場も追込みで帰宅予定は夜

休暇を取って息子もいたんで2人がかりで押さえて・・・

ピンセットは持ってたんで吸血部分から取りました

無理にとったらいけない、知識としてはあっても、奴を翌朝までおいとけなぃ

アルコールや酢を含ませたコットンで包んだら離れるとか言いますが!

何もない

 

夜には患部が腫れてきました

今朝はもっと腫れてます

ダンナの手伝いは止めて朝一番に動物病院に行って来ました

炎症を止めるお薬をもらったんですけど、悪化したら切開する外科的処置が必要になるかも?

場所が場所だけに心配です

 

今年も6ワンみんな、3月20日から月イチのノミダニ予防をしてます

去年の残りのフロントラインを初めに使って、4月はまとめ買いしたリーズナブルなマイフリーガード

5月20日以降も沢山買った、マイフリーガードにしよう!そう思ってました

去年まではフロントラインマイフリーガードα(アルファ)を交互に使用

先生曰く、マイフリーガードαフロントラインは略同じレベルだけど

ただのマイフリーガードはちょっとレベルが下がる、そう・・・

生活してる環境によってはそれで充分って子もいるからダメと言う訳じゃないんですょ

うちの子達6ワン、自宅組3ワンと、仕事場組は外飼い3ワン

shoたち自宅組でも草がない所で生活している訳じゃないし

tobi達3ワンの環境は、ダニがいると言う鹿も出没する自然いっぱいの環境

お散歩から帰ると、白色だからわかりやすいshiroの体表にダニが歩いてるの見ます

shoとか自宅組は特に普通に一緒の布団で寝るしね~人間への影響もあります

ちょっと、ケチったの反省^^;

先生に『うちは子沢山なんでいつもネットでまとめ買いしてるんです』と言うと

「フロントラインの認可切れで、今からはもっと安い類似製品が手に入る様になるかも?」

と、言われていました!安全性が認められている物なら多頭飼いには朗報です

副作用が気になる私・・・

首につけるタイプよりは

食べるタイプや注射するタイプの方が細部まで行き渡りやすいんですかねぇ?

ネットでちょっと検索すると、気分が悪くなるダニの画像が沢山出てくるでしょう~

にっくき!ダニです!

マダニ媒介性疾患もあるし、怖いバべシア症は症状が出るのは1ヶ月位後なんですって

ちょっと気を付けてみていようと思います

 

shoは4~5才の頃から、進行性網膜萎縮症で目が見えません

ワンコとアイコンタクトする時、どの飼主さんも自然とワンの目を見るでしょう?

私がちゃんと目を見ていたら、もっと早く気付いていたと思います

shoは黒色、今トリミング前でボサボサ

そんな言い訳は通らないっ

その前日にブラッシングして耳掃除やら色々してたんです

aiは目元の毛を切ったり

ド老眼ですがちゃんとメガネかけて6ワンのケアしたつもりでした

・・・shoは目が見えない・・

いつのまにか私自身がshoが目が見えないから、と、shoの目を見ていなかったのだと思います

白くなってきた見えないshoの目を直視するのがツライ、そんなオセンチな事を思ってたから

猛反省です(/_;)

 

とっても不思議な事

わかりやすく言うと、ダンナのオンオフの朝の時間

仕事着と普段着の違い、目が見えないのに仕事の日と休日の日がわかります

お出掛けモードでテンションMAX、置いて行かれない様にストーカーする休日

仕事の服の時は全くの無関心

最近では、いってらっしゃいの愛想もなくなりました

一度、全く同じ行動で着る服だけが違う、検証してみた事があるんです

犬が着る服を見極めて、お留守番の日?お出掛けできる日?

そう判断する以外にも何かある・・・

目が見えなくても、そーゆう事が判断できる能力がある事

犬はスゴイよ! 本当に飼主がすべてなんだょ

shoを見ていて、私が思う事です

 

『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近況 | トップ | aiの心配事 その6 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。