できるだけごまかさないで考えてみる-try to think as accurately as possible

さまざまなことを「流さずに」考えてみよう。"slow-thinking"から"steady-thinking"へ

「民主党政権の任期中なのでその間は消費税は上げない」と答弁した安住淳財務大臣

2012-05-22 15:42:56 | Weblog

今日の午前中の衆議院特別委員会、「社会保障と税の一体改革特別委員会質疑」で、自民党の町村信孝議員が、

 

「消費税増税が絶対に必要というのなら、なぜ来年の4月から上げずに、2014年から上げるのだ?」

 

と、民主党が想定していたであろう方向とは逆方向からのツッコミを。

 

これに対して安住淳財務大臣、

「来年(2013年)は、まだ任期中なので」

と答弁。

 

意味がわからない(笑)。意味がわかるとすれば、

『民主党が政権を取っている時期中に消費税を上げると、国民が民主党にますます投票してくれなくなる。

民主党が「下野」した後に消費税を上げると、国民はどうせバカだろうから、その時の政権党(自民だか橋下新党だかみんなの党だか知らんが)に対して怒るだろう』

という前提を、彼が置いているときしかありえない(笑)。

 

ちなみに、「消費税を上げる時期だけはマニフェストを守ろうとしているから」という「前提」は、全く合理的ではない。なぜなら、その「マニフェスト」とやらで、「浮く財源」として提示した、

「16.8兆円」

という明確な金額は、これまた町村議員の指摘によって、全く守られていないことが明らかになっているからだ。

マニフェストで「浮く」とした「16.8兆円」のうち、平成24年予算で達成できたのはたった「7.7兆円」。半分にも満たない。

 

だとすれば、野田総理が、あれだけ

「税と社会保障の改革待ったなし!」

と叫んでいるのは、その責任の半分以上は現政権与党である民主党政権にあるのであるから、その責任をできるだけ全うしようと与党民主党が本当に考えているのならば、民主党政権時に増税をして、民主党政権が捻出できなかった金額を、少しでもカバーしようとするはずである。

 

しかし、実際には、全然そういう姿勢ではない。ただ口先だけで

「できるだけマニフェストを守りたい」

と言っているだけで、自分たちの無責任ぶりを、自分たちの政権時にはできるだけバレないように、コソコソと消費税を上げることだけを決め、実際には民主党政権が終わってから消費税が上がるようにしているだけである。

 

これでは、

「消費税増税分が、今後自然に増えていく社会保障費と医療費に充当される」

という、野田内閣の基本論理が、全く成立していない、ということになる。

なぜなら、それだけ必要な消費税増税であるのに、その増税のスタートは2014年、次の衆議院総選挙が終った後だからだ(衆議院議員の任期は4年、前回の総選挙が09年夏だったのだから、任期満了時は13年夏である)。

 

 

町村議員のこの質問に対し、野田総理も、そして岡田副総理も必死に抗弁する。しかしその発言が笑える。味わっていただこう。

 

野田総理「2014年というのは、団塊の世代が年金受給の時期にかかるのがこの年であるとか、そういうことを総合的に勘案した結果である」

 

・・・意味不明。現時点で財政は真っ赤っかの大赤字であるのだから、団塊の世代が年金受給の時期に入るから10兆円単位で支出が一気に増えるとか、そういうレベルの赤字ではない。

 

岡田副総理「スイカ(Suica)の設定であるとか、自動販売機の値札を入れ替えなければならない。それには時間がかかる。」

 

・・・イオン岡田のくせにスイカ(Suica)の仕組みすらわかっていない。スイカ引き落とし額の設定は、スイカ1枚1枚に事前に行わなければならないとでも思っているのかイオン岡田は???それともわかっててすっとぼけてんのか???

スイカの設定は、各電車会社の改札機の設定を変えれば引き落とし額が変わるのだから、電車会社が一斉に設定を変えればいいだけだ。以前のように、全ての窓口にまで新運賃を徹底する、という「人海戦術」は、はるかに少ない負担で可能になっている。自動販売機の値札に至っては・・・今これだけ、各自動販売機で「100円」などと、独自に料金を設定している販売機が多いのだから、自販機を設置している各事業者が、機械的に消費税増税分を転嫁するかしないかを決め、値札と機械の引き落とし額を変えればいいだけである。来年春まで、まだ1年近くもあるのだから。

 

町村議員も、

「自民党が消費税を上げたときは、準備期間3ヶ月でやりましたよ」

と指摘。今と比べて、コンピュータがネットワークでつながっている度合いは遙かに低かった時期である。それでも3ヶ月の準備期間で実施したということだ。

 

 

こういうやりとりからも、現政権民主党が、国民をトコトン愚弄している姿が浮き彫りになる。しかしメディアはほとんど流さない。こうして国民も愚民化していく(というか、されていく)のである。

 

読者諸氏においては、今日のやりとりをぜひ覚えておいていただきたい。インターネットでも見ることができる。

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« むー、野田市、柏市、断水・・・ | トップ | 「正義」は目に見えないもの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。