思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

本日の「恋知の会」 白紙からのデモクラシーの話となりました。

2017-06-14 | 恋知(哲学)

今日の「恋知の会」は、時間延長で6時過ぎまで。
大阪より初参加の上田さんの質問から、民主制ー民主政とは何かの話となり、白紙に戻しての説明をしました。

民主性ー民主制ー民主政を根源的にお話しすると、人間とはなにか、どのような生が人間に求められるのか、人間と他の哺乳類との違いはなにか等の考察となり、人間の生き方・存在仕方を問うことと重なります。

古代アテネでペリクレスがデモクラシーを宣言したことは、ソクラテスの恋知(フィロソフィー)を可能としましたが、またデモクラシーはフィロソフィの営みに支えられないと形骸化してしまいます。それを証明するようなお話となりました。

一つ、きわめて重要な原理の確認をしました。上田さんも理解していませんでしたが、デモクラシーとは、どのような考えも自由なのではなく、【互いの自由と対等性を認め合う】ことを原理とする思想であり、それに反する思想は認めません。

デモクラシーとはなにか、という本質論は、大学でも教えていません(わたしは白樺教育館での他にいくつかの大学で教えてきました)。日本の後進性、知的退廃はほんとうに困ったものです。東大法学部にも講座がありません。

参加者は10名でしたが、話が切れず、集合写真は撮れませんでした。以下の2枚は、対話式授業の後、残って話していた上田さん、古林さん、麻生さん、稲田さんのスナップです。

武田康弘

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上皇!? 天皇を辞したら、... | トップ | 異常事態ー国連人権部会の批... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (上田)
2017-06-15 22:45:58
武田様、参加者の皆様、

先日は有難うございました。とても愉しかったです。これを機会に、自分の思考を広く・深くしていき、日々の行動に繋げていきたいと思います。
またどうぞ。 (武田康弘)
2017-06-16 00:01:28
上田さま
チャンスあれば、またご参加ください。遠いところをありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。