思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

武者小路実篤の逆転、戯曲「ある青年の夢」から「大東亜戦争私感」(戦争賛美)へ。東京新聞を見ての思い。

2017-07-12 | 学芸

 11日の「東京新聞」夕刊に、今日、読まれるべき古典として、武者小路実篤の戯曲「ある青年の夢」が詳しく紹介されていました。これは、親友の志賀直哉や柳宗悦らに誘われて我孫子に移住した年、1916年に出されたものです(移住は12月)。戦争の愚かさと悲惨と戦争回避のための考察がなされていますが、それから26年後の1942年に書かれた「大東亜戦争私感」では、戦争賛美一色になりました。この大東亜戦争賛美論は、新潮社の全集からは削除されていましたが、小学館の全集では15巻にすべて掲載されています(361ページ~414ページ)。

 なぜ、武者小路実篤が、これほど激しく転向したのか? 「おめでたき人」を地でいったわけですが、彼一人の問題ではなく、日本の二大哲学者と言われた西田幾多郎も田辺元も みな戦争肯定=天皇絶対主義になったわけを深く研究しなければ、「日本の精神の病」は治せないのではないでしょうか。わたしたちみなの問題と思います。

 『大東亜戦争戦争私感』には、

 大東亜共栄圏とは実によい言葉だと書かれ、「死に克つもの」では、積極的に美しい死の肯定ー尽忠報国の精神に燃えるが故に死を恐れなくなるのだ、とされます。
 「日本はなぜ強いか」では、これは日本の国体の御かげである。天皇陛下の国民全部は、臣民として、心から奉仕することで、我らは心を一つにしている。と書かれています。
 日本が勝利を得ることの他は考えられない。だから陸海軍に任せて、僕らは安心していられる。・・大事なのは一億一心である。銃後の統一である。ーーーー

 このような言葉が延々と続きます。


以下は、「東京新聞」7月11日夕刊

 

武田康弘(「白樺文学館」全コンセプト作成・初代館長)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党の議員の品性のなさと... | トップ | 愛に乏しい愛のない人間=ウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。