思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

内閣の長=総理大臣による憲法改定の先導は、明白な憲法違反ーーなぜ、これが分からないのでしょうか?

2017-05-15 | 学芸

主権者が為政者に課す約束事の理念=憲法を、為政者が守らずに、とりわけ最大の順守義務を負う首相が改憲を先導することは、明白な憲法違反と言えます。

憲法改定は主権者の意向を受けて国会が発議するものです。行政府(のトップが安倍総理大臣)は、国会で決まった決まったことを実行する機関であり、唯一の立法機関は国会です。三権分立という原理さえ知らないのは、おそろしいこと。

なぜ、政治家も憲法学者もマスコミも、この簡明な事実を踏まえないのか??これではインチキ国家としか言えないのです。


第四十一条 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。 

 第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。 

 

 

主権者の国民ではなく、行政権力のトップが憲法改定の先頭に立つ!?民主政ではあり得ない異常事態なのです。

 

武田康弘(元参議院行政監視委員会調査室・客員調査員ー「日本国憲法の哲学的土台」を講義)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17条の憲法で否定された物... | トップ | 主権者の国民ではなく、行政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。