思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

「共謀罪」など新法導入に利用してはならない=国連の「立法ガイド」執筆者パッサス氏が明言。政府の根拠 元から崩れる。

2017-06-05 | 社会批評

「TOC条約はテロ防止目的ではない。条約を利用して新たな法案を正当化してはならない」と国連で条約の「立法ガイド」を執筆した刑事司法学者・ パッサス氏が明言。これにより、日本政府=安倍内閣の法案根拠は、元から崩れ去りました。

以下は、「東京新聞」一面です。


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最低な国とは、警察や軍の関... | トップ | 官僚機構と官邸機構、同じ行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会批評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。