思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

競技はなし、わたしの楽しいスポーツ人生~~~。とってもお勧めです。

2017-07-14 | 教育

競技は身体に悪く、心にも悪いな~というのは、わたしの長年の体験からくる実感です。

スポーツとは、英語の語源は、気晴らし、息抜き、楽しみ、という意味ですので、わたしは、スポーツ大好きですが、競技はまったくしません。遊びで競争(というレベルではないですが)することはあります。強いですよ(笑)。

自分が楽しい、気分いい、快適、面白い、でやってます。名前も付けられないようなスポーツですし、遊びです。それでも、腕立て伏せは連続100回は軽いです。幼児より内臓疾患を抱えていましたので、疲れることはしません。徹底したマイペースで、人とは競いません。

でも65歳までなんとか!?生きていますし、いまも、若者より全身力(押し相撲)があるのですから驚きです。

秘訣は、スポーツを生活に!ということかな。気晴らし、息抜き、楽しみで身体を動かす、競技はやらない、他人に影響されないことが大切と思います。

毎日毎日、朝から練習で、夕方遅くまでも練習の部活動をしている中学生は、いろいろ故障の連続で、わたしの教室の子も、疲労骨折や腰痛での病院通いが続出です。どう見てもまちがってますよね。



※写真は、いま、手賀沼遊歩道の広場で、ストレッチと筋トレを軽くして帰ったところをかみさんがパチリ!頭をびしょびしょにして帽子を被り、1時間くらいですと熱射病になるどころか、健康ビンビンです。アーシングしながら楽しく運動をしています~~~

競わないことが最大のよいを生む。

武田康弘


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛に乏しい愛のない人間=ウ... | トップ | 競争、競い合い、勝負、勝ち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。