思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

美しいもの・よいものへの憧れを抱き続ける思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

東大生に続き、今度は慶大生による集団女性暴行。「記号人」の跋扈。

2016-10-18 | 社会批評


東大生に続き、今度は慶大生による集団婦女暴行。

女性を対等で主体的な人間としてではなく、
物化する思想と手口は、
あまりに悪質で、
言葉を失う。

自分自身が、「自由と責任のある個人」=主体者として扱われてこなかった=受験価値がイコール人間の価値(何事も勝ち負け)=点数マシーンとして育てられたことで、
他者、とりわけ女性を「自由と責任をもつ個人」=主体者として見、遇するという思想がありません。

表層「エリート」は、総合判断が苦手で、実力(実際・現実の力)がなく、ことばと数字の「記号の世界に生きるだけ」の存在ですが、そのような人間=点数競争の勝者に過ぎない若者をチヤホヤもてはやす「底抜けのおバカ」の集まりが、いまの日本(人)といえるでしょう。

管理教育と受験主義の愚かさにいまだ気づかず、せっせと進学塾通いで、受動的でひ弱な人間=集団で女性に暴行するような人間、同じことですが、自分を高みにおき(全然高くないですが)国民を見下すカッコつき「高級官僚」のような人間を再生産していては、不幸を増幅するだけのことです。

目を覚ましましょう!

 

武田康弘

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノット・東響 欧州演奏会の... | トップ | 札幌市の第11旅団司令部の教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。