思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

こどもたちの敵=首相の安倍晋三という男をわたしは決して許しません。必ずそのイデオロギーを消去します。

2017-03-30 | 教育

 

 

臣民道徳=「教育勅語」の思想よる教育改革をすすめる首相の安倍晋三が「こどもたちに共通する敵」であることは確かです。

個人の自由を抑圧し、国家意識を植え付けることを画策する政治家は、人間性の豊かさとは無縁の存在であり、この世の悪の代表と言えます。

政府が、学校教育に口を出し、特定の考え(国家主義=愛国主義)に導くのは、根源的な悪行であり、けっして許されることではないのです。

わたしは、こどもたちの伸びやかで柔らかい自由な精神を守り育て、羽ばたかせるために、残りの全人生をかけて頑張ります。

こどもたちの敵である「戦前思想」(靖国思想=国体思想)をよしとする右派の政治家とは、不退転で闘い、必ず、彼らの「個人抑圧」の国家主義=全体主義を消去します。

ぜひ、皆さまも共に、「公共的良識」と「個々人の自由」と「豊かに羽ばたく人間性」を現実のものとするために、闘いましょう~~~

おぞましい強権主義者は、みなを不幸にします。よき大人は、こどもたちの真心の代弁者とならなければいけません。

善美に憧れ、真実を求め、人間性を肯定し、愛に生きる人は、ぜひ団結心をもちましょう。

恋知の生を!


     
2017年3月29日 東京芸術劇場で、孫と。


武田康弘

 
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篭池理事長 と 安倍首相は、... | トップ | 安倍政権の「戦前思想」への... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。