思索の日記 (クリックで全体が表示されます)

武田康弘の思索の日記です。「恋知」の生を提唱し、実践しています。白樺教育館ホームと共に

在野の哲学者!?アカデミズム内に哲学者はいるのでしょうか。

2017-07-23 | 学芸

おおもとから考える、既存の意味=表層的な意味を打ち破って考える、幼児の心と目を持ち続けるのが「哲学者」(フィロソファー=恋知者)だとすると、

大学内に哲学者はいるのでしょうか? いるのは「哲学科教授」ですが、立派に身分を保障され、銀行口座に毎月お金が振り込まれる人がフィロソファー=恋知者になるのは、🐪が針の穴を通るより難しいのではないかと思います。

ソクラテスはむろんのこと、近代西ヨーロッパの哲学(キリスト教化された哲学)の開祖であるデカルトも、近代民主政をつくる見事なアイデア(社会契約論)を出したルソーも、みな在野の哲学者であり、大学教授ではありません。強固なシステム内の存在は、フィロソフィー=恋知の実践をするフィロソファー=恋知者にはなれませんので、哲学者とはイコール在野の哲学者のこと、と思います。

ルソー(職業は恋愛小説家)に、「在野の」という形容詞句をつける? 在野の哲学者のルソー(笑)

カントからはじまりヘーゲルに至る大学内哲学は、遅れたドイツでのみ可能でしたが、それは自ら哲学の敗北宣言を出したハイデガー(ナチ党員でヒトラーの思想を支えた)により終焉を迎えました。

大学という安全地帯では、生きた哲学=恋知は不可能で、未来を拓くフィロソフィーの営みは、在野でしかできません。それはソクラテス(職業は石工)の昔からのこと。


武田康弘

☆恋知とは何か。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米海軍の責任ーイージス艦半... | トップ | 「佳子様が、おことばをお述... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学芸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。