白井万沙之のビジネス進化塾! 確かな未来づくりを応援します!!

中小中堅企業の人材育成と活用・マネジメント改革・営業セールス・シニア創業起業の教科書!!

ビジョン、アジェンタとネットワーキング、そして・・(中小企業のマネジメント改革)

2016-10-18 11:55:53 | 組織マネジメント改革の実践


変革型リーダーの要点はいくつかあげられますが、次の3点は特に大切です。

まずは職場や仕事の“将来ビジョン”を持つことが必要です。

どうしても実現したいという、あなたの想いを構想し、あなた自身の言葉で現すことです。
もっともその想いや構想が、私利私欲にもとづいたものではいけませんけどね。

次に必要なのが、“アジェンタ”と“ネットワーキング”です。

ビジョンは、あなた一人の力では実現が難しい。

アジェンタとは「やるべきことのリスト」のようなもので、ビジョン実現にいたる道筋です。
ネットワーキングとは、周囲を巻き込み、様々な人々に働きかけていくことです。

さて、ビジョンを持ち、道筋をつけ、周囲を巻き込んだら、あとは実行あるのみです。

実行の過程では様々な抵抗や障害に出くわします。
そこで3つ目に必要なのが、粘り強く取り組んで“やり遂げる”力です。

「なんとかしかければ」「なんとかやり抜くぞ」といったあなたの役割意識です。

あなた自身のいままでを振り返ってみてください。

これまで何度も窮地を乗り切ってきたことがある筈です。
そのときあなたの気持を支えていたのは、やり遂げるぞという役割意識ではなかったでしょうか。

ビション、アジェンタとネットワーキング、やり遂げる力。
口で云うほど簡単ではありませんが、この3つが革新型リーダーシップの要点となります。

ある新任マネジャーの質問に応えました。



ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目指す管理者像は率先垂範、... | トップ | 花袋 生きた人間の物語から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL