白井万沙之(白井正之)のビジネス進化塾! 確かな未来づくりを応援します!!

中小中堅企業の人材育成と活用・マネジメント改革・営業セールス・シニア創業起業の教科書!!

戦略が暴走して経営を窮地に陥れる・・(中小企業のマネジメント改革)

2015-04-10 08:27:52 | 組織マネジメント改革の実践


経営戦略や事業戦略の策定では、陥りやすい罠がある。

先行きを予想し現状を分析、あるべき姿を創造し、戦略課題を探っていく。

戦略策定のプロセスは、なかなか厄介であるし、面倒でもある。
もっと他にやることあるだろうと、投げ出したくもなる。

そんな時、経営のうまくいっている会社の戦略をお手本にして、
我が社でもそれを真似てみたらという、誘惑にかられることがある。

こうした気持ちは分からないでもないが、これは失敗に終わるケースがほとんどである。

会社によって強みや弱み、持てる経営資源の質や量も違う。
自社の資源や能力を棚上げして、戦略だけが一人歩きしても、結果が出ないのは当然だ。

それどころか、戦略が暴走して経営を窮地に落とし入れる危険性さえはらんでいる。

自社のもつヒト・モノ・カネや組織力、見えざる資源などを踏まえ、
それに合致した、独自の戦略を立案しなければ、いい結果には結びつかない。

なかなか厄介なことではあるが、
ここはやはり辛抱して総力を結集し、「身の丈」にあった戦略構築が必要だ。

もっとも身の丈にあった戦略とは云っても、なにも現状維持でいいというわけではない。

身の丈に合った、挑戦的で野心的な経営戦略を構築していくことが大切なのだ。



ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テニスン 敵を一人もつくら... | トップ | 着眼大局・着手小局! 興味... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL