白井万沙之(白井正之)のビジネス進化塾! 確かな未来づくりを応援します!!

中小中堅企業の人材育成と活用・マネジメント改革・営業セールス・シニア創業起業の教科書!!

経営者は「良き学習モデル」であるべきだ・・(中小企業の人材育成と活用)

2015-04-22 06:42:21 | 中小企業“人づくり”応援プロジェクト


中小企業では、メンバーは経営者と、日常的に、頻繁に接触する。
そこで重要となるのが、経営者の言動、態度。

言葉で発したことと裏腹の行動、
言っていることとやっていることが違っていたのでは、
メンバーの信頼も失いかねないし、彼らも混乱してしまう。

結果として戦略や方針も実現されず、企業文化もズタズタになってしまう。

メンバーは想像している以上に、経営者の日常の言動、態度に影響を受けている。

メンバーが見ているのは、経営者の日常の言動、態度。
メンバーは経営者の日常の言動、態度を注視し、自身の行動を決めていく。

経営者は、企業の戦略と企業文化の体現者だ。

中小企業の人づくりにおいて重要なことは、
経営者はメンバーの職場での成長における“良き学習モデル”であるべきだ。



ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理屈じゃ人は動かない! 忙し... | トップ | 着眼大局・着手小局! ビジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL