白井万沙之のビジネス進化塾! 確かな未来づくりを応援します!!

中小中堅企業の人材育成と活用・マネジメント改革・営業セールス・シニア創業起業の教科書!!

マニュアル化、安心感はありますが、面白みのない現象が・・(中小企業のマネジメント改革)

2017-05-18 14:58:06 | 組織マネジメント改革の実践


標準化、マニュアル化、スピード化・・

無駄がはびこっていた状況下では、
効率化は企業の差異的優位性の要因となってきました。
CVSや一部の小売サービス業の成長の原動力にもなってきました。

しかし企業が競って効率化を進めた結果・・

効率化になじまない部分まで省いてしまった。
お客さまへの対応までが効率化されてしまった。

「いらしゃいませ」「ありがとうございます」「繰り返えさせていただきます」
何か機械的で、事務的で、心がこもっていません。

決められた点検やチェックもそこそこに、
遅いことは悪いこととばかりにスピードを優先させてしまう。

標準化が進み全国一律、安心感もありますが、
どこに行っても同じ、面白みのない無味乾燥な現象が出現してしまいました。

一部の企業の慢性的な業績不振は、
外部環境の影響もありますが、これらもその原因の一つではないでしょうか。

消費者の要求水準は上がっています。
一度体験したさ「ここちよさ」が事前期待となっています。
丁寧さ、やさしさ、心のこもった「わたくしだけ・・」を求めています。

標準化、マニュアル化、スピード化・・
これら効率を超えたところに現在の差異的優位性のヒントがみえてきます。

成績の良い企業は既にそのことに気づき、静かに実践しています。



ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フロイト 失敗を成功を勝ち... | トップ | モチベーション曲線が手がか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

組織マネジメント改革の実践」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL