白井万沙之のビジネス進化塾! 確かな未来づくりを応援します!!

中小中堅企業の人材育成と活用・マネジメント改革・営業セールス・シニア創業起業の教科書!!

テニスン 敵を一人もつくらぬ人間は、真の友も・・

2015-04-08 07:19:35 | 古今東西!珠玉の言葉 “賢者の教え”


アルフレッド・テニスン(ヴィクトリア朝時代のイギルスの詩人)の教えです。

はっきりと自己主張して思わぬ反対に出くわし、
敵をつくることを恐れ、意見を云わずその場を収めてしまうことがある。

この方が人間関係はうまくいくと思いがちであるが、
これでは、八方美人だ、誠意がないなどと思われ、敵もできない代わりに真の友もできない。

もちろん、むやみにヒジを張って自分の主張を前面に押し出し、
作らなくてもいい敵をつくってしまうことはいかがなものではあるが、

反対を恐れて自己の主張を収めてしまってばかりでは、真の友人はできない。

思い切ってき自己主張してみれば、それに共鳴する友人は、いずれ現われる。

・・・・・・・・・・・
アルフレッド・テニスン 他の名言を集めてみました。

「分からない時には、必ず明るい面を見よ」

「知識は直ぐに得られるが、知恵を身につけるには時間がかかる」

「ツキを呼び込むことがラッキーじゃない。ツキを創りだしてこそ本当のラッキーなんだ」



ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大きな落とし穴がポッカリと... | トップ | 戦略が暴走して経営を窮地に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL