サードウェイ(第三の道) ~白井信雄のサスティナブル・スタイル

地域の足もとから、持続可能な自立共生社会を目指して

白井信雄の経歴

2017年11月18日 | 自己紹介

氏 名      白 井 信 雄

 

略 歴

 1961年生まれ。静岡県浜松市三ヶ日町育ち。1986年大阪大学大学院前期課程環境工学専攻修了。同大学にて博士(工学)。民間シンクタンク勤務を経て、現在、法政大学 教授 (サステイナビリティ研究所)。

 シンクタンク時代の環境省、国土交通省、林野庁等の委託調査の経験を活かし、環境分野での実践を具体的に支援する研究・教育活動を展開中。

 専門分野は、環境政策、持続可能な地域づくり、地域環境ビジネス、環境イノベーション普及、気候変動・エネルギー政策 等。

 主な著書に、『環境コミュニティ大作戦 資源とエネルギーを地域でまかなう』(単著)、『図解 スマートシティ・環境未来都市 早わかり』(単著)、『気候変動に適応する社会』、『サステイナブル地域論―地域産業・社会のイノベーションをめざして』 他多数(いずれも共著)。

連絡先(メールアドレス)
 shirai.nobuo アット gmail.com    *アットを@に置き換えてください。



生年月日 1961年
 
出身   大阪市天王寺区生まれ、静岡県浜松市三ヶ日町育ち

学歴   大阪大学工学部大学院環境工学専攻(修士卒)、 博士(工学):大阪大学より論文博士

職歴
 三井情報開発株式会社 総合研究所 環境・資源領域リーダー(1986~2006年)、
 株式会社プレック研究所 持続可能環境・社会研究センター長(2006~2010年)
 法政大学 地域研究センター 特任教授(2010年~2015年)
 現在、法政大学 教授 (サステイナビリティ研究所 専任研究員)(2015年~)

兼任
 法政大学大学院公共政策研究科 兼任講師(環境問題事例研究、廃棄物政策事例研究)
 法政大学社会学部 兼任講師(環境政策論、環境自治体論、エネルギー自治実践論)
 東海大学大学院人間環境学専攻 兼任講師(近代環境史、地域環境経済論)
       
専門分野
 環境・エネルギー政策論、持続可能な地域づくり論、地域環境計画論、環境コミュニティ・ビジネス、環境配慮の普及、環境・リスクと情報(ICT)、気候変動適応策・低炭素社会、地域廃棄物・3R政策、農山村地域活性化
    
研究テーマ  「地域イノベーションによる持続可能な社会の創造」
 1)再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生の理論化と計画ツールの開発
 2)気候変動適応策のボトムアップ・アプローチと長期的リスクへの順応型ガバナンス
 3)革新的エコライフの普及のための戦略と手法
 4)環境先進地域における政策と地域ビジネス、市民協働のダイナミズムの分析
          
資格    技術士(環境部門)、専門社会調査士(8条規定)
         
博士論文
 「環境イノベーションの普及と地域環境力の形成」の相互作用を高める地域施策の研究~住宅用太陽光発電と長野県飯田市に着目して~


著書
1.「気候変動下の水・土砂災害適応策」国土文化研究所監修、近代科学社、「4.2 気候変動の地元学」等を執筆、2016年
2.「グリーンMOT叢書 サステイナブル地域論―地域産業・社会のイノベーションをめざして」樋口一清・白井信雄著、中央経済社、2015年
3.シリーズ環境政策の新地平8「環境を担う人と組織」鷲田豊明・青柳みどり編、岩波書店、「第7章 地方自治体の環境政策」を執筆、2015年

4.「山村再生ビジネスとマーケティング」山村再生研究会、日本林業調査会、第1部第2章を執筆、2015年
5.「気候変動適応のガイドライン~地方自治体における適応の方針作成と推進のために」法政大学等、全体執筆、2015年
6.「気候変動適応社会のデザイン」三村信男監修、第1部の1と2を執筆、2015年
7.「ゼロから始める 暮らしに生かす再生可能エネルギー入門」田中充・白井信雄・馬場健司編著、家の光協会、2014年

8.「地域からはじまる 低炭素・エネルギー政策の実践」田中充編、ぎょうせい、第6章と第13章を執筆、2014年
9.「気候変動リスクとどう向き合うか―企業・行政・市民の賢い適応」西岡秀三・植田和弘・森杉壽芳監修、分担執筆、2014年
10.「気候変動に適応する社会」田中充・白井信雄編 地域適応研究会著、技報堂出版、2013年
11.「図解 スマートシティ・環境未来都市 早わかり」白井信雄、中経出版、2012年
12.「環境コミュニティ大作戦 ~資源とエネルギーは地域でまかなう」白井信雄、学芸出版社、2012年
13.「グリーンMOT叢書 サステイナブル企業論―社会的役割の拡大と地域環境の革新」樋口一清・三木健・白井信雄著、中央経済社、2010年
14.「ビジネスと環境」樋口一清・藤田成吉・白井信雄共著、建帛社、2007年
15.「いちから見直そう!地域資源~資源の付加価値を高める地域づくり」ぎょうせい、三井情報開発編著(監修と分担執筆)、2003年
16.「産業のグリーン変革」東洋経済、環境庁監修・三井情報開発編著(監修と分担執筆)、2000年
17.「里地からの変革-地球環境時代のふるさとづくり」時事通信社、1996年
18.「日本は余暇大国になるか」パンリサーチ出版局、共著、1989年

学術論文(査読付) *筆頭著者の論文のみ掲載
1.「再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生の評価と関与-長野県飯田市と滋賀県湖南市の住民アンケートの分析-」白井信雄、環境科学会、2018年1月(予定)
2.「「気候変動の地元学」の実証と気候変動適応コミュニティの形成プロセスの考察」白井信雄・田中充・中村洋、環境教育学会67号、2017年11月(予定)
3.「再生可能エネルギーへの関与の選択―日本と韓国の比較、原発事故前と現在の意識差に注目して―」白井信雄、土木学会環境システム研究論文集、2017年10月
4.「気候変動適応における順応型管理~計画枠組の設定、及び水稲の計画試論」白井信雄・田中充・嶋田知英・石郷岡康史、日本計画行政学会、2017年2月
5.「再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生に関するチェック項目の構築:長野県飯田市・滋賀県湖南市の評価」白井信雄・壽福眞美、環境科学会、2017年1月
6.「再生可能エネルギーの導入による地域再生への期待:日本と韓国の国民意識の比較分析」白井信雄・李秀澈、環境情報科学会、2016年12月
7.「気候変動適応策のための研究開発の推進メカニズム-公設農業試験研究機関の状況と課題-」白井信雄・田中充、環境科学会、2016年9月
8.「気候変動への緩和・適応行動の意識構造の分析-地域における気候変動学習のために-」白井信雄・田中充・青木えり、環境教育Vol. 25  No. 2、2015年11月
9.「Analysis of Ideal Directions of Climate Change Adaptation and Problems in Implementing Them for Local Japanese Governments」Nobuo Shirai and Mitsuru Tanaka、Journal of Disaster Research Vol.10,No.3 May 2015
10.「「持続可能性チェックリスト」を用いた集落点検~山形県朝日町上郷地区での試行~」白井信雄、地域イノベーション、2015年3月
11.「日本の地方自治体における適応策実装の状況と課題」白井信雄・馬場健司、環境科学会、2014年9月
12.「気候変動適応の理論的枠組みの設定と具体化の試行-気候変動適応策の戦略として-」白井信雄・田中充・田村誠・安原一哉 ・原澤英夫・小松利光、環境科学会、2014年9月
13.「気候変動の影響実感と緩和・適応に係る意識・行動の関係~長野県飯田市住民の分析」白井信雄・ 馬場健司・田中充、環境科学会、2014年5月
14.「地域の持続可能な発展に関する指標の設計,及び地域の持続可能性と幸福度の関係の分析」白井信雄・ 田崎智宏・田中充、土木学会環境システム研究論文集、2013年10月
15.「住宅用太陽光発電の設置補助金制度の最適設計~埼玉県市町村を事例として」白井信雄・田中充・増冨祐司・嶋田知英・東海明宏、計画行政学会36(2)、2013年5月
16.「地縁型組織を基盤とした地域環境力の形成~環境モデル都市・長野県飯田市を事例として」白井信雄・樋口一清・東海明宏、社会・経済システム学会第33号 、2012年11月
17.「Effects of Citizen-Owned Power Generation on Residents' Consciousness : Case Study in Iida City,Japan」 Nobuo SHIRAI, Kazukiyo HIGUCHI and Akihiro TOKAI、Journal of Environmental Information Science Vol.40,No.5 March 2012
18.「住宅用太陽光発電の設置者特性と設置規定要因の分析」白井信雄・正岡克・大野浩一・東海明宏、エネルギー・資源VOL.33 NO.2 、2012年3月(電子ジャーナル)
19.「住宅用太陽光発電の普及における地域施策の役割」白井信雄・大野浩一・東海明宏、環境情報科学会、2011年11月
20.「飯田市民の環境配慮意識・行動の形成要因~環境施策等と社会関係資本に注目して」白井信雄・樋口一清・東海明宏、土木学会環境システム研究論文集、2011年10月
21.「環境配慮意識形成要因としての自然とふれあう遊びに関する研究」白井信雄、環境情報科学会、1996年

学術論文(査読付以外) *筆頭著者以外も掲載
1.「被災地における再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生~行政施策と住民意識の状況を考える」白井信雄、サステイナビリティ研究Vol.7、2017年3月
2.「気候変動への適応策の理論と具体化:地方自治体における「追加的適応策」の採用のために」白井信雄、地球環境Vol.21 No.2、2016年10月
3.「地域におけるライフスタイル変革の可能性~日本国内のトランジションタウンの事例から学ぶ」白井信雄・松尾祥子、地域イノベーション第8号、2016年3月
4.「再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生の理論的枠組の設定と有効性の確認~長野県飯田市の取組の分析」白井信雄、サステイナビリティ研究Vol.6、2016年3月
5.「気候変動適応におけるボトムアップ・アプローチ~「気候変動の地元学」を起点として~」白井信雄、環境経済・政策研究Vol.8 No.2、2015年9月
6.「地方自治体向け気候変動適応策のガイドラインVer.2と進捗管理指標」白井信雄・田中充、土木学会第42回環境システム研究発表会、2014年10月
7.「農業分野における自治体レベルの気候変動適応策の課題分析と体系化」佐々木美奈子・梶井公美子・白井信雄・田中充、土木学会第42回環境システム研究発表会、2014年10月
8.「環境情報の入手度と社会関係資本への接続度、環境配慮行動の実施度の関係について : 飯田市における地域間での比較研究」並木光行・白井信雄・樋口一清、環境科学会誌27巻4号、2014年7月
9.「住民類型に応じた地域エコポイント ~荒川区での検討事例」白井信雄、地域イノベーション第6号、2014年3月
10.「「持続可能性チェックリスト」を用いた住民による地域診断~浜松市内2地区での試行~」白井信雄、研究論文集「地域活性研究」Vol.5、2014年3月
11.「住宅用環境イノベーションにおける需要者の特性と地球温暖化意識の分析」白井信雄・東海明宏、地域イノベーション第5号、2013年3月 
12.「脆弱性の概念と気候変動適応における脆弱性の構造に関する分析」白井信雄・田中充・小野田真二・木村浩巳・馬場健司・梶井公美子、土木学会第40 回環境システム研究論文発表会、2012年10月
13.「地方自治体向け気候変動適応策のガイドライン~適応策の検討手順と方法」白井信雄・田中充・小河誠・陸斉・濱田崇・田中博春、土木学会第20(2012年度)地球環境シンポジウム、2012年9月
14.「地方自治体における温暖化影響適応策の動向と課題」田中充・白井信雄・山本多恵・木村浩巳、土木学会第39 回環境システム研究論文発表会、2011年10月
15.「脆弱性概念を具体化した温暖化影響・適応指標の開発」白井信雄・梶井公美子・小河誠・田中充、土木学会第19回(2011年度) 地球環境シンポジウム、2011年9月
16.「地域における環境イノベーションの普及に関する研究・試論 ~普及動向と普及理論にみる課題」白井信雄、イノベーション・マネジメント研究、2008年4月

学会口頭発表
1.「再生可能エネルギーへの関与の選択―日本と韓国の比較、原発事故前と現在の意識差に注目して―」白井信雄、土木学会第44回環境システム研究発表会、2017年10月
2.「再生可能エネルギーによる地域社会再生のフレーミングとアジェンダ:全国8 地域の取組みから学ぶ」白井信雄、環境科学会 2017年会、2017年9月 
3.「地球温暖化はどのように地域の問題なのか:長野県高森町の市田柿の事例研究」白井信雄、地域活性学会第8回研究大会  年会、2017年9月
4.「再生可能エネルギーによる地域社会の構造的再生と住民意識」白井信雄、環境科学会 2016 年会、2016年9月 
5.「「気候変動の地元学」による気候変動適応と地域再生」白井信雄、日本計画行政学会第39回全国大会、2016年9月 
6."Renewable Energy and Regeneration of Regional Communities: Comparison of Citizens' Consciousness in Japan and Korea", Nobuo Shirai, Soo-Cheol Lee, 2016 KEEA(Korea Environmental Economics Association) Summer Conference, Aug.2016, Busan (Pusan National University)
7.「地方自治体における環境配慮の戦略的普及施策の実態と打開策に関する研究」白井信雄、公共コミュニケーション学会第2回事例交流・研究発表大会、2016年1月
8.「気候変動適応における順応型管理の計画手法の研究~水稲の気候変動適応策を例として」白井信雄・嶋田知英・石郷岡康史・田中 充、環境経済政策学会2015年大会、2015年9月
9.「再生可能エネルギーの導入による地域社会の構造的再生に関する理論的枠組みの設定と事例分析」白井信雄・壽福眞美・谷口信雄、環境科学会2015年会、2015年9月
10.「気候変動の地元学を通じたコミュニケーションの研究」白井信雄、公共コミュニケーション学会第1回事例交流・研究発表大会、2015年1月
11.「地方自治体向け気候変動適応策のガイドラインVer.2と進捗管理指標」白井信雄・田中充、土木学会第42回環境システム研究発表会、2014年10月
12.「生活者からみた再生可能エネルギーへの関与の選択肢についての試論」白井信雄、環境科学会2014年会、2014年9月
13.「気候変動の影響実感及び緩和・適応への意識・行動を規定する要因分析」白井信雄・青木えり・田中充、環境科学会2014年会、2014年9月
14.「地域における気候変動適応策の実装における施策課題-地域適応フォーラムの運営成果の分析」白井信雄・田中充・馬場健司、環境経済・政策学会2014年大会、2014年9月
15.「気候変動の地域への影響と緩和・適応に関する学習プログラムの開発~長野県飯田市での検討」白井信雄・田中充・青山真弓・杉浦正吾、日本環境教育学会 第25 回大会、2014年8月
16.「地域の持続可能な発展に関する指標の設計,及び地域の持続可能性と幸福度の関係の分析」白井信雄・ 田崎智宏・田中充、土木学会第41回環境システム研究発表会、2013年10月  
17.「地域における気候変動適応策の方向性の分析~追加的適応策のモデルスタディの結果」白井信雄・田中充、環境経済・政策学会2013年大会、2013年9月
18.「日本の地方自治体における適応策実装の状況と課題」白井信雄、環境科学会2013年会、2013年9月
19.「地球温暖化に起因する気候変動への脆弱性と適応策~東北大震災で表出した脆弱性との共通性の考察と地域リスク管理政策の提案~」白井信雄・田中充、社会・経済システム学会 第31 回大会、2012年11月 
20.「脆弱性の概念と気候変動適応における脆弱性の構造に関する分析」白井信雄・田中充・小野田真二・木村浩巳・馬場健司・梶井公美子、土木学会第40 回環境システム研究論文発表会、2012年10月
21.「地域社会における環境イノベーションの受容性と普及~飯田市民における気候変動適応策に関する意識・行動の事例」白井信雄、日本計画行政学会第35回全国大会 、2012年9月 
22.「地方自治体向け気候変動適応策のガイドライン~適応策の検討手順と方法」白井信雄・田中充・小河誠・陸斉・濱田崇・田中博春、土木学会第20(2012年度)地球環境シンポジウム、2012年9月
23.「脆弱性概念を具体化した温暖化影響・適応指標の開発」白井信雄・梶井公美子・小河誠・田中充、土木学会第19回(2011年度) 地球環境シンポジウム、2011年9月
24.「住宅用太陽光発電の普及における地域施策の役割」白井信雄・大野浩一・東海明宏、環境情報科学会、2011年11月
25.「飯田市民の環境配慮意識・行動の形成要因~環境施策等と社会関係資本に注目して」白井信雄・樋口一清・東海明宏、土木学会第39回環境システム研究発表会、2011年10月 等

その他論文(学術論文以外)
1.「農村計画における気候変動適応-順応型管理、感受性の改善、コミュニティ主導」農村計画学会誌Vol. 36 No. 3、2017年9月
2.「地域に期待される気候変動適応と取組状況、次なる課題」環境管理Vol.52 No.9、2016年9月
3.「気候変動への適応と地域再生(3)気候変動適応は地域再生につながる」地方自治職員研修2016年9月号、2016年8月
4.「気候変動への適応と地域再生(2)気候変動適応を通じた地域づくりの動き」地方自治職員研修2016年8月号、2016年7月
5.「気候変動への適応と地域再生(1)気候変動による地域資源の変化と適応」地方自治職員研修2016年7月号、2016年6月
6.「高速道路における気候変動適応策」高速道路と自動車VOL.58 NO.12、2015年12月
7.「自治体の適応策と気候変動ガイドライン」ガバナンスNo.174、2015年10月
8.「農山村における気候変動の影響と適応策」森林環境2015、2015年3月
9.「自治体温暖化対策の新展開(5)-スマートシティの現状と展開」地方財務No.722、2014年8月
10.「地方自治体全体の適応策の検討動向とモデルスタディ」グローバルネット283号、2014年6月
11.「気候変動適応策における予測科学と現場科学―2つの環境情報の統合」環境情報科学42巻2号、2013年
12.「環境コミュニティ・ビジネスへの多様なアプローチの20年」環境自治体白書2012-2013年版、2012年11月
13.「温暖化影響と適応策に関する地域研究の動向」資源環境対策、vol.47、No.2、2011年2月
14.「環境コミュニティ・ビジネスと社会関係資本」環境情報科学39巻1号、2010年3月
15.「成功する環境コミュニティ・ビジネス」7回連載、地方自治職員研修、2009年
16.「地域における環境と経済の統合的発展~新たな展開に向けて~」PREC Study Report vol.13、2008年6月
17.「エコライフ・タウンに関する考察」PREC Study Report vol.12、2007年12月 
18.「企業における環境教育活動」ビオシティNo.34、2006年6月
19.「地球温暖化防止の自治体戦略(特集 自律型自治体宣言!) 」地方自治職員研修、2006年9月
20.「数字でみる環境問題~環境の算術」6回連載、地方自治職員研修、2005年
21.「環境ポータルサイトの動向と課題」環境情報科学、2005年3月
22.「地球温暖化を防ぐ森の力」大阪ガスエネルギー・文化研究所「CEL」、2003年12月
23.「市民主導の参加型環境政策 ~市民環境監査、コンセンサス会議、地元学、アダプト制度、市民共同発電~」地方自治職員研修、2003年4月
24.「環境配慮と地域発展を両立させるパラダイム」地方自治職員研修、1998年6月
25.「中山間地域の活性化と基盤整備 (特集 多自然居住地域の創造と道路)道路、1998年1月
26.「地域の足元からの水平志向の関係づくり (特集 地域連携と地域間交流の現在) 」季刊地方自治の窓、1996年3月
27.「エコビレッジ基本構想」月間かんきょう、1992年

メディア出演
NHK7時のニュース:適応国家計画についてコメント、2015年10月23日
NHKラジオ第一「私も一言!夕方ニュース」夕方特集「IPPC総会あす横浜で開会~温暖化への"適応策"とは?」、2014年3月24日
NHKニュース深読み「人類は"適応"できるのか?進む地球温暖化」出演、2013年9月28日

教育・講師
法政大学社会学部兼任講師(エネルギー自治実践論)、2016年・2017年
法政大学社会学部兼任講師(環境政策論、環境自治体論)、2014年~2017年
広島大学大学院国際協力研究科(サステナブル・ガバナンス論)、2014年・2015年
法政大学大学院公共政策研究会兼任講師(環境問題事例研究)2017年
法政大学大学院公共政策研究科兼任講師(廃棄物政策事例研究)、2012年~2017年
東海大学大学院人間環境学専攻兼任講師(近代環境史、地域環境経済論)、2007年~2017年
大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻兼任講師(産業環境マネジメント論、環境評価法)2015年
大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻特別講師(環境計画論)2011年、2013年
信州大学イノベーション研究・支援センター兼任講師(環境コミュニティ・ビジネス論)、2009年~2010年
「特用林産物を活かした山村振興」(森からの産物研修)、林野庁、2013~2015年
「生物多様性と地域づくり」(集団研修「生物多様性を活かした地域開発」)、国際連合地域開発センター、2010年~2014年
「中南米地域 地域資源を活かした内発的地域経済開発研修」、国際連合地域開発センター、2010年~2013年
「持続可能な生計と地域資源管理」(人間の安全保障を重視した地域開発プロジェクト形成、ミャンマー・ラオス)、国際連合地域開発センター、2007年~2009年
「地域資源の特性と活用」地域別研修:中央アジア地域、地域資源を活かした内発的地域経済開発コース、国際連合地域開発センター、2007年~2009年、2014年
「地域資源の特性と活用」インドネシア国別研修:地域住民主導による地域振興の手法、国際連合地域開発センター、2006年
「地域資源の特性と活用」ブルガリア国別研修:地域住民主導による地域振興の手法、国際連合地域開発センター、2005年~2007年  等

委員等
東村山市ごみ処理施設のあり方検討会委員、2016年・2017年
あだち環境ゼミナール スーパーバイザー、2014年~現在
農林水産省産地リスク軽減技術総合対策事業 審査委員、2015年
農林水産省温暖化対策貢献技術支援事業 審査委員、2014年~現在
環境経済の政策研究委託業務(地域内外の影響を考慮した環境・経済・社会の評価指標と測定手法の開発)に係る委員会委員、2012年・2013年
全国大学生環境活動コンテスト「ecocon」選考委員、2012年
八王子市再生可能エネルギー導入検討委員会 委員、2012年・2013年
【環境自治体会議】環境政策外部評価委員会 委員、2012年~現在
【環境自治体会議】わがまちの政策自慢 選定委員、2012年~現在
平成23年度九州・沖縄地方の地球温暖化影響・適応策検討会委員、2011年~2014年
グリーンMBA/MOT等構築事業【サステナブルガバナンス概論】サブワーキンググループ委員、2010年
環境情報科学会・編集委員会委員、2002年~2010年、2015年~現在
環境情報科学会・情報委員会委員、2004年~2008年
山村再生総合対策事業・企画運営委員会委員、2008年~2010年
山村再生総合対策事業・山村再生プラン選考委員会委員、2009年~2010年
山村再生総合対策事業・研修企画運営委員会委員、2009年~2010年
山村再生アドバイザー、2003年~2010年
山村力誘発モデル事業・企画運営委員会委員、2003年~2007年
国分寺環境基本計画推進委員会委員・委員長、2005年~2014年  等

所属学会等
環境情報科学会、1983年~現在
環境科学会、1988年~現在
環境社会学会、2009年~現在
土木学会、2010年~現在
環境経済政策学会、2011年~現在
計画行政学会、2011年~現在
社会・経済システム学会、2011年~現在
地域活性学会、2013年~現在
 

講演・コーディネイター・パネリストの実績
 http://blog.goo.ne.jp/shirai01/e/fc6ca5a6642c7b4cb53609f2d6f39a54


シンクタンク時代の業務実績(1986年~2008年度)
 http://blog.goo.ne.jp/shirai01/e/b72756d6a759683aaa419197012d0adb

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 環境新聞連載:「再生可能エ... | トップ | 持続可能な開発目標(SDGs)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自己紹介」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事