亀歩の出逢

先日、誕生日を迎え73歳になったが、今でもお陰で何とか勤めながら
健康寿命を確保出来ているので家族(妻)に大感謝。

「珍花(実?) : モクゲンジ」

2016-10-15 | 

今日は久しぶりの快晴に恵まれ、夫婦で前から約束をいただいていた83歳と74歳の大先輩ご夫婦と、町田の「天忠」で「焦がし醤油フォンデュ」のランチを話を弾ませながら約2時間楽しませていただき、小田急の登戸駅からの帰宅途中でバスを降り、花を愛でながらの散歩を楽しんだが、途中で珍しい「モクゲンジ」の花(実?)を見つけたので写真を撮ってきた。
日本語で書くと「木槵子」と書き、ムクロジ科ムクロジ属で高さ10mほどになる落葉高木。葉は長細く7月頃に枝の先に円錐花序の黄色い花を咲かせ蒴果は三角状卵型との説明が図鑑に書かれている。この写真は「がく」でこの中に黒色球形の種子ができ、数珠を作るのに利用されるので寺院の庭によく植えられているとのこと、珍しいのでアップしました。
失念していましたが「天忠の焦がし醤油フォンデュ」も今まで味わったことが無い味で美味しく食べさせていただきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「義父母の足跡」 | トップ | 奥多摩湖畔「倉戸山ハイク」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。