塩哲の色不異空

日々の思いを気の向くままに

ミュージアム巡り 動物集合 双美縮緬地友禅鴛鴦文訪問着

2017-05-18 05:37:00 | ミュージアム巡り_2017
 次の作品は、羽田登喜男(1911〜2008)さんの「双美縮緬地友
禅鴛鴦文訪問着」(1956年、絹・友禅、Kimono、mandarin duck
design、yuzen dyeing on crepe silk)。
 羽田さんは、京友禅と加賀友禅を融合させた独自の作品を生み
出されてきた。京の日本庭園や自然の中に花鳥風月を求め、野の
草花や鴛鴦の文様に特徴がある。1988年に人間国宝に認定。
 86年に初来日した英国ダイアナ妃には、羽田さん製作の手描友
禅本振袖「瑞祥鶴浴文様」が献上されている。
 鴛鴦と水面の水草をあしらった独特の構図に見とれてしまった。
MOMAT(千代田区北の丸公園1-1)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム巡り 動物集合... | トップ | ミュージアム巡り 動物集合... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。